ブログ記事一覧

catch-img

ホテルでデジタルサイネージを活用するメリット・設置場所・オススメコンテンツを紹介

駅構内や電車の中、ショッピングモールなど多くの場所で見かけるデジタルサイネージ。現在ではホテルといった宿泊施設でも積極的に活用されています。

デジタルサイネージを最適な形で活用すれば、宿泊客へより高いホスピタリティを提供するための手助けとなります。

この記事ではホテルにおけるデジタルサイネージ活用のメリットと、オススメの設置場所やコンテンツについてご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.ホテルでデジタルサイネージを活用するメリット
    1. 1.1.効率的な情報伝達を行える
    2. 1.2.顧客満足度を高められる
    3. 1.3.リピーター化につながる
    4. 1.4.販促効果の促進
    5. 1.5.コスト削減
    6. 1.6.多言語対応が可能
  2. 2.ホテルにオススメなデジタルサイネージ設置場所
  3. 3.オススメのサイネージコンテンツ
  4. 4.まとめ


ホテルでデジタルサイネージを活用するメリット

デジタルサイネージはホテルをはじめとした宿泊・サービス業に多くのメリットをもたらします。
デジタルサイネージを活用するメリットについて詳しく見てみましょう。

効率的な情報伝達を行える

デジタルサイネージは、フロアや施設、宴会席やホールの案内として活用できます。開催予定のイベント・期間限定キャンペーンといったお知らせや、周辺の観光情報などを動画や音声で伝えることが可能です。

デジタルサイネージで案内すれば、スタッフが見当たらないときでも顧客は欲しい情報を手に入れられます。フロアで待機している必要がなくなるため、スタッフの負担も軽減します。

顧客満足度を高められる

ホテルにはさまざまな顧客が宿泊しており、それぞれ求めている情報が異なるでしょう。
ポスターの場合、スペースの問題で伝えられる情報は限られます。

しかし、デジタルサイネージはひとつのディスプレイで複数のコンテンツを切り替えて表示できるため、少ないスペースで数多くの情報伝達が可能です。

周辺の観光地・観光施設の情報、グルメ、ショッピング、交通案内、天気予報、ニュースなど多くの顧客のニーズに応えられるコンテンツを配信できます。

顧客が必要なタイミングで適切な情報を提供できれば、過ごしやすいホテルとして満足度向上につながるでしょう。

リピーター化につながる

ホテルは宿泊以外にも会議室の利用やレストラン・カフェの利用、ラウンジだけの利用もあります。

デジタルサイネージでホテルの客室やサービスをアピールして、「次は宿泊してみよう」「次は食事をしてみよう」などと、顧客の興味をひくことも可能です。

また、美しい映像コンテンツを流し、リラックスした上質な空間を演出すれば「ここならお客様に紹介したい」と思ってもらえるかもしれません。

必要最低限の情報だけでなく、ホテルが顧客に伝えたいことや世界観を表現しましょう。空間全体で表現することで顧客の潜在ニーズを刺激し、リピーター化を促します。

販促効果の促進

デジタルサイネージは、スライドショーのように複数のページを表示することができるため、館内の施設を周知して利用の促進を図れます。

レストランやカフェ、ショップなどのキャンペーン情報、季節のメニューや限定商品などを、色鮮やかな映像で表示して購買意欲を刺激しましょう。

文字だけでは想像しづらい内容も、映像や音声を利用するとよりわかりやすく伝えられます。

コスト削減

ホテルでは複数のフロアや施設、客室などさまざまな場所で適切な情報提供が必要です。ポスターの場合、制作や貼り替えなどにコストと時間が必要ですが、ネットワーク型のデジタルサイネージなら、一括管理が可能です。複数の場所に設置したデジタルサイネージのコンテンツを一度に変更できるため、コストや時間を削減できます。

多言語対応が可能

近年、外国人観光客向けの対応が重要視されています。
とはいえ、語学はすぐに習得できるものではなく、すべてのスタッフが外国語を話せるわけではありません。

タッチパネル式のデジタルサイネージで多言語対応すれば、外国人観光客にもホテルのアピールや適切な情報提供が行えます。言葉や文化の違いからくる不安を解消し、ホテルのイメージアップにも影響するでしょう。


ホテルにオススメなデジタルサイネージ設置場所

デジタルサイネージは設置場所も重要です。
ホテルでは、下記のような場所にデジタルサイネージを設置すると、より効果的に顧客にアピールできます。

  • ロビー
  • フロント
  • 各階のエレベーターホール
  • レストランやカフェなどの館内施設
  • 宴会場や会議室フロア

いずれの場所も、多くの人の目に触れる場所です。デジタルサイネージの効果を発揮させるためにも、設置場所をしっかりと見極めましょう。


オススメのサイネージコンテンツ

ホテルでデジタルサイネージを活用する際、どのようなコンテンツを表示すればよいのか迷うこともあるでしょう。ここからは、オススメのサイネージコンテンツをご紹介します。

  • ホテルのフロア・施設情報
  • 観光案内(観光スポットや施設、イベント情報など)
  • 飲食店やコンビニエンスストアなどの情報
  • バス・電車の時刻表
  • 天気予報やニュース

館内案内はもちろんですが、たとえば、「今日は近くで祭りが行われている」「レストランの席が〇席空いている」「今、外では雨が降っている」といったリアルタイムな情報も有効です。

顧客にとって有益な情報を配信して顧客満足度に貢献しましょう。


まとめ

デジタルサイネージは、顧客の異なるニーズに適切に対応できるツールです。
顧客に必要な情報をわかりやすく伝えることができるほか、管理も容易に行えるため、忙しいホテルにはぴったりでしょう。

また、デジタルサイネージはインテリアとしても活用できます。株式会社ランドスキップがご提供する“LOOOK(ルーク)”は、上質なインテリアコンテンツと、200を超えるデザインテンプレートを備えた新発想のデジタルサイネージです。
専門知識やマニュアルも不要で、だれでも簡単にコンテンツの作成が可能。臨機応変に対応でき、顧客が求める情報をスピーディーに提供します。

「より多くの顧客に効果的にホテルのサービス・施設の魅力をアピールしたい。」「高いホスピタリティを実現したい」とお悩みのご担当者様は、ぜひ“LOOOK”の導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください