ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージの効果的な使い方とは? 5つの方法と活用イメージ

高い宣伝効果が期待できるとして、多数の企業や店舗が取り入れているデジタルサイネージ。

デジタルサイネージは、情報発信において従来の紙広告やポスターより利便性が高く、活用方法しだいで他店舗や同業他社と差別化を図ることができます。

本記事では、デジタルサイネージに効果的な5つの使い方と活用イメージについて詳しくご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージの効果的な使い方
    1. 1.1.静止画だけではなく動画も配信する
    2. 1.2.動線・場所を考慮する
    3. 1.3.更新頻度を高くする
    4. 1.4.時間や曜日に合わせて内容を変更する
    5. 1.5.インパクトを強くし注目を集める
  2. 2.デジタルサイネージの活用イメージ
    1. 2.1.飲食店での活用イメージ
    2. 2.2.小売店での活用イメージ
    3. 2.3.オフィスでの活用イメージ
  3. 3.まとめ


デジタルサイネージの効果的な使い方

デジタルサイネージは使い方が重要です。以下では商品やサービスの宣伝に効果的な5つの使い方をご紹介します。

静止画だけではなく動画も配信する

デジタルサイネージの最大の魅力は、スライドショーや動画などを配信できることです。

デジタルサイネージは、紙媒体のポスターでは不可能な動きや音を表現して高い視認性を発揮します。

また、複数のコンテンツを切り替えて表示することができるため、多くの情報を伝えることが可能です。高画質の動画や音声を使ったコンテンツを表示して通行人の足を止め、効率よく情報提供しましょう。

動線・場所を考慮する

広告は、多くの人が集まる場所に設置することで高い効果を発揮します。

デジタルサイネージの場合、多くの人が集まる場所という前提に加えて、動線やターゲットとの距離を考慮して設置場所を決めることが重要です。大画面のディスプレイでも近すぎたり遠すぎたりすればしっかりと見てもらえません。

また、どれほど有益な情報も人通りの少ない場所では適切に提供できません。店舗や施設の入り口付近、店舗前の通路、エレベーター乗り場などの一定時間足を止める場所などに設置しましょう。

更新頻度を高くする

デジタルサイネージの強みは、配信するコンテンツの内容を変更しやすく、柔軟に対応できるという点です。そのため、鮮度のある情報発信に適しています。

その日のおすすめやセール情報、売れ筋などをリアルタイムで更新することで通行人の足を止め、来店を促します。新商品や新たなサービスを提供するタイミング、季節の変わり目などに合わせて更新しましょう。

時間や曜日に合わせて内容を変更する

時間や曜日によって見る人の属性も異なり、求めている情報も変わります。
そのため、状況に応じたピンポイントな情報提供が必要となります。

どれほど有益な情報でも、発信するタイミングが間違っていれば必要な人に届きにくくなります。状況に応じて内容を変更することで質のよい情報提供が可能になります。

カフェの場合、朝はコーヒーやモーニングセット、昼はランチメニュー、夕方はディナータイムやお酒などの情報を配信して、見る人の購買意欲を促進しましょう。

CMSを活用すれば時間や曜日などに合わせてコンテンツを自動で切り替えられるためおすすめです。

インパクトを強くし注目を集める

デジタルサイネージはポスターや看板に変わって主流になりつつあり、最近では、至るところで活用されています。そのため、効果を高めるためには他店舗や同業他社と差別化を図ることも重要です。

デジタルサイネージのコンテンツは、見た人が思わず足を止めるようなインパクトがあるデザインを心がけましょう。映像や音声のこだわりはもちろん、興味を引くキャッチコピーで通行人の目を引くことも必要です。


デジタルサイネージの活用イメージ

ここからは、デジタルサイネージの具体的な活用イメージをご紹介します。

飲食店での活用イメージ

明るく見やすいのがデジタルサイネージのメリット。店頭に設置して、店内の様子やおすすめのメニューなどを表示しましょう。

店内ではご予約のお客さまに向けてサプライズメッセージを配信したり、インテリアコンテンツを表示して空間を演出したりと方法はさまざま。お客さま満足度を高めるために活用しましょう。

小売店での活用イメージ

デジタルサイネージはリアルタイムな更新が可能なほか、狭いスペースで複数の情報を表示することができるため、情報発信に適しています。

小売店ではブランドのプロモーションムービーやCMなどを配信してブランディングしたり、セールやイベントの情報を配信してお客さまの購買を促したりといった販促に活用できます。

複数のデジタルサイネージを一括で作成・管理することもできるため、POP作成や貼り替え作業の手間も不要になります。

オフィスでの活用イメージ

オフィスのエントランスに設置すれば、来訪者に対する企業のアピールに活用できます。製品やサービス、経営理念などを表示すれば自社への理解も深まるでしょう。

また、社内での活用もおすすめです。会議室に設置して配布資料やホワイトボード代わりに活用すれば、ペーパーレスで情報を共有することが可能。修正や変更点なども即時反映できます。

このほか、休憩室に設置して従業員向けの情報共有に活用したり、風景動画を表示してリラックス効果を高めたりといった使い方もできます。


まとめ

デジタルサイネージは視認性や利便性の高さから多数の企業や店舗が取り入れています。今後もデジタルサイネージの効果を発揮し、効率のよい販促を行うためにはポイントを押さえた活用が必要です。

デジタルサイネージを効果的に活用するには、インパクトのある動画を配信したり高い更新頻度を保ったりといった工夫が必要不可欠。

体験型のデジタルサイネージ『LOOOK』は、効率よく効果的な活用が可能です。

内製することが難しいコンテンツも、200種類以上のテンプレートからお好みを選び、テキストを入力するだけで制作できます。

複数のデジタルサイネージもスマートフォンひとつで一括管理できるため、リアルタイムな一斉更新も簡単です。

株式会社ランドスキップでは、詳しい資料をご用意しております。ご興味がおありでしたら、ぜひ一度LOOOKの導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください