ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージ導入で飲食店が得られる3つのメリットと活用事例

飲食店の経営においては、新規の顧客をどれだけ獲得し、どれだけリピートしてもらえるかがもっとも重要なテーマと言えます。

若者の外食離れが進む昨今において、今重要視されているのが偶然お店の前を通った通行人へのアプローチ方法です。

デジタルサイネージと呼ばれる電子看板を活用すれば、飲食店が抱える集客の悩みを解消することができます。

この記事では、デジタルサイネージを飲食店が導入するメリットや、効果的な活用方法を事例とともに解説します。


目次[非表示]

  1. 1.新規顧客を取り込むために押さえるべきポイント
    1. 1.1.初回来店のキッカケは飛び込みが多い
    2. 1.2.道行く人の足を止める
  2. 2.デジタルサイネージの導入で飲食店が得られるメリット
    1. 2.1.来店する理由を与える
    2. 2.2.通行人の目を引く
    3. 2.3.コストと手間を削減
  3. 3.デジタルサイネージを効果的に使う方法
    1. 3.1.大型ディスプレイは店頭に置いて集客アップ
    2. 3.2.小型ディスプレイは店内に設置して単価アップ
  4. 4.まとめ


新規顧客を取り込むために押さえるべきポイント

飲食店が新規顧客を獲得するにはさまざまな方法があります。地域に住む方を多く取り込みたいと考えるならお店の前を通る人へのアプローチは欠かせません。

どのようなアプローチを仕掛けられるかが、新規顧客を取り込めるか否かを分ける大きなポイントです。

初回来店のキッカケは飛び込みが多い

多くの人が、偶然通りかかって気になったお店に入店しています。

あらかじめホームページや口コミサイトSNSなどで調べてお店を探す人も少なくないものの、店頭の雰囲気や看板を見て入店を決める人は多いです。

新規顧客の獲得は、いかに飛び込み客を取り込むかが重要と言えます。

道行く人の足を止める

偶然お店の前を通る人は、目的の有無にかかわらず移動中です。このような人を新規顧客として取り込むためには、お店の前で足を止めてもらう必要があります

まず重要となるのが、歩いている人の視界に入るように広告を設置し、興味を持ってもらうことです。短い時間でインパクトを与えて心をつかむことができれば、新規顧客を増やすきっかけとなるでしょう。


デジタルサイネージの導入で飲食店が得られるメリット

新規顧客を取り込むために欠かせない通行人へのアプローチ方法として、現在多くの飲食店がデジタルサイネージを利用しています。

従来の紙媒体による広告とは何が異なるのか、飲食店がデジタルサイネージを使うことで得られるメリットについて紹介していきます。

来店する理由を与える

デジタルサイネージによる詳細なアピールは、道行く人の来店理由になります。

  • 旬の食材を使った新作メニュー
  • 空席情報
  • 時間限定の割引タイムセール情報

詳しい情報をデジタルサイネージで配信することで、「おいしそう」「空席があるからゆっくりできそう」「今なら安くてお得」など、広告を目にした人に対して来店の理由を提供し、安心してお店に入店してもらえるという効果が狙えます。

通行人を取り込むためには、来店の理由づけが必須です。
その点、短時間でわかりやすくお店のアピールポイントを伝えられるデジタルサイネージは非常に効果的と言えるでしょう。

通行人の目を引く

飲食店の前を通行人が通り過ぎるのに掛かる時間は約5秒間です。通行人をターゲットにする場合、その5秒間が勝負となるため、まずは通行人に認知してもらえるよう存在感を出さなければなりません。

紙のポスターや看板で入店を動悸づけるような大きなインパクトを出すのは難しいかもしれません。しかし、デジタルサイネージなら、鮮やかな写真や映像を配信することで人目につきやすく、夜中でも注意を引くことができます。

さらに、デジタルサイネージは単なる広告としてだけではなくブランディングにも有効です。「外装に力を入れている飲食店」というイメージを与えるだけでなく、入店しやすい雰囲気を演出することもできます。

コストと手間を削減

もちろん、デジタルサイネージ導入には初期費用は必要です。しかし、一度導入してしまえば月々の利用料、電気代、点検費用のみで運用できるため、コストと時間の有効活用が可能です

季節に合わせた新商品が出るたびにポスターやメニューを作成していた飲食店なら、印刷する費用と手間を削減。業務効率の向上につなげられる点も、デジタルサイネージ導入の大きなメリットであると言えます。


デジタルサイネージを効果的に使う方法

「デジタルサイネージを導入したけれど、どうやって使えば良いかわからない…」とお悩みの方のために、ここからは飲食店におけるデジタルサイネージの効果的な使い方について紹介します。

大型ディスプレイは店頭に置いて集客アップ

大型ディスプレイのデジタルサイネージは、店頭に設置して集客アップを狙うのがおすすめです。店頭に動きのある広告を設置することで、通行人の目を引きます。

さらに、壁や窓をおおうように大型ディスプレイを設置し、季節感のある風景を配信すれば、お店の雰囲気づくりにも効果的です。

小型ディスプレイは店内に設置して単価アップ

小型ディスプレイのデジタルサイネージは、店頭ではなく店内に設置し、単価アップを狙いましょう。

  • おすすめメニューやコース
  • 産地や完成料理の映像

たとえば、写真だけでなく映像を使用することで、観ている人が、より鮮明に料理をイメージできます。お店がおすすめしているメニューの映像を流すだけでも販促効果を期待できるでしょう。


まとめ

日夜激しい競争が繰り広げられている飲食業界において、いかにして街行く人を自分のお店の新規顧客にするかがとても重要な課題となっています。

デジタルサイネージの導入は、効率的にお店をアピールしたり、来店理由を提供して通行人に入店しやすくしたりといった効果を狙える手段です。

そこで、デジタルサイネージを初めて導入するという飲食店経営者の方におすすめしたいのが、株式会社ランドスキップが提供する“LOOOK”です。

LOOOK”はデザインから配信までのすべてを店舗スタッフが手軽に行えるサービスです。初めてのデジタルサイネージ導入で操作に不安を抱えている方でも安心して利用できます。

利用料金は月額4,980円(税抜)で、初月無料のトライアルも可能です。
新規顧客の獲得や業務効率のアップを目指すなら、ぜひ“LOOOK”の導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください