ブログ記事一覧

catch-img

スーパーでデジタルサイネージを効果的に活用する5つの方法

インターネットの加速的な普及により、ネットを介して買い物をする人が急増。実店舗を構えているスーパーマーケットには厳しい時代が訪れています。

一般社団法人の全国スーパーマーケット協会の「2020年版スーパーマーケット白書」によると、2015年を境に売上は年々減少。今後はネットショッピングに対抗する施策が求められています。

本記事ではスーパーマーケットが生き残るために必要なポイントや、デジタルサイネージを活用する方法をご紹介します。

出典:一般社団法人全国スーパーマーケット協会「2019年のスーパーマーケット動向


目次[非表示]

  1. 1.スーパーマーケットは大競争時代に突入している
    1. 1.1.他店との差別化
    2. 1.2.コストを抑えた運営
    3. 1.3.広告の方法を見直す
  2. 2.スーパーマーケット向けデジタルサイネージ活用方法
    1. 2.1.商品価値を高める
    2. 2.2.商品の安全性を伝える
    3. 2.3.再来店を促す
    4. 2.4.タイムリーな宣伝
    5. 2.5.地域密着アピール
  3. 3.まとめ


スーパーマーケットは大競争時代に突入している

今やインターネットは生活に欠かすことができない存在になっていますよね。なかでも、ECサイトは場所や時間を選ばす買い物ができるため、多くの人に利用されています。

経済産業省の調査によると、2018年の市場規模は1兆6,919億円。2017年より8.60%上回るという結果に。EC市場が目まぐるしい成長を遂げていることがわかります。

これから、実店舗を持つスーパーマーケットには他店舗やECサイトとの差別化を図り、さまざまな工夫・施策を積極的に行うことが求められています。

以下では、スーパーマーケットが生き残るために必要なポイントを詳しく解説します。

出典:経済産業省「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備

他店との差別化

スーパーマーケットのライバルはECサイトだけはありません。同業他社はもちろんのこと、大型商業施設・コンビニ・ドラックストアなど他業種を意識した運営も重要なポイントです。

接客力の向上や店舗に足を運んでもらうための独自商品の販売など、他店との差別化を目指しましょう。

コストを抑えた運営

売上が減少しているスーパーマーケットでは、コストを抑えた運営が必要です。まず、業務の棚卸を行い、無駄な業務や、滞りがちな業務フローはないか確認しましょう。業務効率を見直して生産性を向上させれば、コストの削減にもつながります。

また、よりコストパフォーマンスが高い設備に変更することも効果が期待できます。セルフレジやLED照明を導入し長い目で見たコスト削減を行いましょう。

広告の方法を見直す

スーパーマーケットや小売店にとって広告は売上を大きく左右する重要な存在。消費者の購買意欲を促進するよう、広告にも工夫が重要です。
店内の販促はデジタルサイネージを導入して、商品の魅力やメリットを詳しく紹介しましょう。


スーパーマーケット向けデジタルサイネージ活用方法

スーパーマーケットの販促方法も時代とともに変化しています。従来チラシといえば紙のチラシが主流でしたが、今ではチラシをデジタル化しているスーパーマーケットも少なくありません。また、店内POPを紙からデジタルサイネージに変更している動きも見られます。

ここからは、スーパーマーケットにデジタルサイネージを導入することで得られる効果や活用方法について詳しくご紹介します。

商品価値を高める

商品の詳細な情報は価値を高めます。デジタルサイネージで産地や生産者のこだわりなどを表示すれば、商品価値をわかりやすく伝えることが可能です。

また、食品売場なら、食材を使ったレシピや関連商品を紹介することで購入予定でない消費者にも「ついで買い」を促すことができます。

商品の安全性を伝える

商品の安全性について伝えることは非常に重要です。
消費者庁が発表した「平成30年度消費者意識基本調査」によると、消費者が関心のある消費問題は「食中毒事故の問題などの食品の安全性について」が69.8%。続いて「偽装表示・誇大広告など、事業者による商品やサービスに関する偽りの情報について」が58.1%ということがわかりました。この結果から、多くの消費者が安全性を求めていることが推察できます。

デジタルサイネージで産地情報や加工法などを表示すれば、消費者は自ら確認しながら購入することができるため、安心感につながります。

出典:消費者庁「平成30年度消費者意識基本調査

再来店を促す

スーパーマーケットではリピーターを獲得することも課題のひとつ。顧客に「また来よう」と思ってもらえるような販促が必要です。

セールの告知やポイントアップデーなどを表示して再来店を促しましょう。消費者のメリットになる情報を積極的に発信することで、消費者の信頼を獲得できます。満足度アップにつながり、リピーターを増やすことも可能です。

タイムリーな宣伝

チラシやDMとは違い、すぐに内容を変更できるのがデジタルサイネージのメリット。
タイムセールの告知や、現在の気温・天気のお知らせなどリアルタイムな情報発信は効果が期待できます。

状況に応じてきめ細かく伝えれば買い忘れ防止にもなり、売上アップにつながるでしょう。

地域密着アピール

スーパーマーケットが生き残るためには、地域に密着したアピールも重要です。デジタルサイネージで、地域のイベントや催しなどを表示することで、店舗に愛着を持ってもらいましょう。

デジタルサイネージは店舗と顧客をつなぐコミュニケーションツール。上手に活用して地域に根差した店舗アピールを行いましょう。


まとめ

ネットショッピングが勢いを増すなか、スーパーマーケットは他店舗やECサイトとの差別化を図り、さまざまな工夫を施す必要があります。

効率よく店舗をアピールするためにも、デジタルサイネージの活用は有効です。

デジタルサイネージを導入するなら、株式会社ランドスキップが提供している“LOOOK”がおすすめです。

デザイン性が高いオリジナルコンテンツもテンプレートを利用して制作できるため、専門的な知識がなくてもすぐに活用できます。操作はスマートフォンがあればOK。リアルタイムな情報発信にも柔軟に対応可能です。

“LOOOK”は初期費用0円(※限定100社)、月額4,980円(税抜)で始めることができます。
「コストパフォーマンスのよい新しい宣伝方法を探している」「売上が上がらない」などと悩んでいる経営者様は、“LOOOK”を導入してはいかがでしょうか。

今なら1か月間の無料トライアルも実施中です。詳しい資料もご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください