ブログ記事一覧

catch-img

【スーパーマーケット編】効果的なデジタルサイネージの活用方法

インターネットの加速的な普及により、Webを通じて商品を購入する人が急増しています。一方、実店舗を構えているスーパーマーケットには変化が求められる時代になりました。

一般社団法人である全国スーパーマーケット協会の「2020年版スーパーマーケット白書」によると、スーパーマーケットでの総売り上げ高は2015年を境に年々減少。今後はネットショッピングに対抗する販促施策が欠かせません。

その施策の一つとして取り入れたいのがデジタルサイネージです。従来の紙媒体の広告施策と違ってデジタルサイネージはどういった面で強みがあるのでしょうか。

今回は、スーパーマーケットの商品訴求において重要となるポイントや、ネット通販ではできないデジタルサイネージを活用した商品の訴求方法について解説します。

出典:一般社団法人全国スーパーマーケット協会『2019年のスーパーマーケット動向


目次[非表示]

  1. 1.スーパーマーケット向け!デジタルサイネージの効果的な活用方法
    1. 1.1.レシピや関連商品を紹介
    2. 1.2.商品の安全性を訴求
    3. 1.3.お客さまのメリットを積極的に配信
    4. 1.4.タイムリーな広告・宣伝を実施
    5. 1.5.地域密着をアピール
  2. 2.デジタルサイネージの具体的な利用シーン
  3. 3.「本日のおすすめ」「特売品」などの広告
    1. 3.1.「商品棚や売り場」で行う商品訴求
    2. 3.2.「お客さま」への情報提供
    3. 3.3.「店舗」の空間演出
  4. 4.デジタルサイネージを活用した業務改善例
    1. 4.1.効率的に商品を販売
    2. 4.2.チラシ広告のコストを削減
    3. 4.3.防災情報の発信
  5. 5.まとめ


スーパーマーケット向け!デジタルサイネージの効果的な活用方法

スーパーマーケットの販促方法は時代とともに変化を遂げています。従来広告といえば紙のチラシが主流でしたが、今ではチラシをデジタル化しているスーパーマーケットも少なくありません。

また、店内ポップを紙からデジタルサイネージに変更する動きも見られます。スーパーマーケットがデジタルサイネージの導入によって得られる効果や、その活用方法について詳しく紹介します。


レシピや関連商品を紹介

「お客さまが購入しやすいようにレシピを紹介する」「購入する商品とあわせておすすめしたい商品を紹介する」など、スーパーマーケットの課題はさまざまです。そういった課題に対して、より分かりやすく、視認性の高い訴求方法を検討しているならデジタルサイネージの利用をおすすめします。

たとえば、その日の目玉商品となる食材や調味料を使った簡単なレシピを紹介したり、商品を購入したお客さまからのメッセージを表示したりすることで、商品の魅力を分かりやすく伝えられます。

「私にも調理できそう」「最近食べてなかったから久しぶりに買ってみようかな」など、商品へ興味を持ってもらうことができれば、購入予定のないお客さまにも「ついで買い」を促せます。


商品の安全性を訴求

スーパーマーケットでは、お客さまに商品の安全性を伝えることが非常に重要です。

消費者庁が発表した「平成30年度消費者意識基本調査」によると、関心のある消費者問題として「食中毒事故の問題などの食品の安全性について」を選択した人69.8%。続いて「偽装表示・誇大広告など、事業者による商品やサービスに関する偽りの情報について」が58.1%ということが分かりました。

この結果から、多くの消費者が商品の安全性を重視していることが推察できます。デジタルサイネージで産地情報や加工法などを表示すれば、お客さま自ら商品の安全性を確認して購入できるため、スーパーマーケットに対する安心感につながります。

出典:消費者庁『平成30年度消費者意識基本調査


お客さまのメリットを積極的に配信

スーパーマーケットでは、リピーターを獲得することも課題の一つです。リピーターを増やすには、お客さまに「また来たい!」「同じ商品を買いたい!」と思ってもらえるような機会を提供できるかどうかが重要となります。

そのきっかけづくりにもデジタルサイネージの活用がおすすめです。セールの告知やポイントアップデーなど、お客さまに対してメリットとなる情報を積極的に発信することで、利用満足度の向上やリピーターの獲得につなげられます。


タイムリーな広告・宣伝を実施

チラシやDMとは違い、すぐにコンテンツを変更・配信できるのがデジタルサイネージの特徴の一つです。

たとえば、タイムセールの告知やその日の天気・気温に合わせたおすすめ商品の提示など、リアルタイムな情報発信に活用できます。夏の暑い日には夏バテ防止の食べ物、冬の寒い日には暖かい鍋料理など、時期に応じて広告や宣伝が行えます。


地域密着をアピール

地域のお客さまを獲得するにはスーパーマーケットのアピール方法も重要です。

デジタルサイネージを用いてイベントや催しなどを宣伝することで、地域とのつながりをアピールでき、店舗に愛着を持ってもらえるきっかけづくりができます。

デジタルサイネージは店舗と顧客をつなぐコミュニケーションツールです。上手に活用して地域に根差した店舗アピールを行いましょう。



デジタルサイネージの具体的な利用シーン

デジタルサイネージは、スーパーマーケットの販促やコスト削減などに役立ちます。他社と差別化を図り、効果的な販促施策を実施するためにデジタルサイネージを有効に活用しましょう。

ここでは商品訴求や広告をはじめ、スーパーマーケットにおけるデジタルサイネージの具体的な活用シーンを見ていきます。


「本日のおすすめ」「特売品」などの広告


スーパーマーケットでは、「特売品」や「本日のおすすめ」といった情報のほかに「タイムセール」などに応じて販売方法を変えることがあります。


▼販売方法例

  • 本日のおすすめ
  • タイムセール
  • 期間限定セール
  • 雨の日の特売
  • 売れ残りセール等

従来のチラシやポップでは事前に作成した印刷物しか貼れなかったため、販促方法に制限がありました。

一方、デジタルサイネージでは手軽にコンテンツの差し替えが可能です。客足の減少や売れ残りなど、状況に応じて広告内容を変更して配信できるため、販促効果を高められます。

閉店間際に「売れ残りセール」などの広告を表示させれば、商品の売れ残りを防ぐ効果も期待できます。また、事務所から店内のコンテンツを変更できるため、印刷物を張り替える手間もかからず、スタッフの業務負担軽減にもつながります。


「商品棚や売り場」で行う商品訴求

デジタルサイネージは、商品棚前の訴求にも活躍します。売り場の商品棚にモニターを設置することで動画や音声コンテンツを利用して商品の魅力やアレンジレシピなどの情報を分かりやすく伝えられます。


▼デジタルサイネージを利用した商品訴求のメリット例

  • 視認性も高まる
  • 購買行動を促しやすい
  • あわせて購入する商品が増える等

また、食材売り場であれば、チラシでは伝えにくい調理方法や料理動画などを流すこともできます。

夏には清涼感のあるドリンクやフレッシュな果物、冬には暖かいお鍋の映像など、商品に応じて魅力的な映像を流すことで商品の購入促進に期待できます。陳列棚前にお客さまを留まらせて購買の最後の一押しにつなげましょう。


「お客さま」への情報提供

デジタルサイネージで商品の生産者や製造工程、メーカーからのPR動画を配信する方法もあります。食卓に並ぶ食材・食品の生産者や製造工程はお客さまが商品を手にする際に気になる情報の一つです。

デジタルサイネージを通じて食材の情報や生産者による状況説明など、商品の安全性を提供することでお客さまに安心感を与えられます。

そのほか、スーパーマーケットのポイントサービスの情報も発信できます。「ポイント5倍デー」「超特価!木曜市」などのキャンペーン告知に貢献します。


「店舗」の空間演出

デジタルサイネージは、店内の空間演出も可能です。

とえば、商品となる食材を育てる農園の様子や栽培環境などを表示させることで、商品の魅力をより伝えやすくなるため、販売促進につながります。

また、季節のイベントに応じたコンテンツによってその時期ならではの食材や日用品の購入に期待できます。鮮魚売り場では旬な魚のイラスト、精肉売り場では牛肉や豚肉のコンテンツを提供することで空間演出が行えます。



デジタルサイネージを活用した業務改善例

デジタルサイネージの導入はお客さまに提供するメリットだけに留まりません。売り場やレジ担当者といったスーパーマーケット側の業務改善にもつながります。


効率的に商品を販売

スーパーマーケットでは、日によって売れ残りが発生したり、天気の悪化によって客足が減少したりすることも考えられます。デジタルサイネージであれば、システム上で簡単に配信したいコンテンツが変更できます。


▼具体的な業務改善例

  • チラシやポップなどの書き換え作業が不要
  • 店内外の紙の張り替え作業が不要

手書きで情報を書き換えたり、掲示板に紙のお知らせを張り替えたりする作業が不要になりますので従業員の業務効率化にもつながります。

リアルタイムな販促によって食品の売れ残りを減らすことができれば、食品ロスの防止にもなります。


チラシ広告のコストを削減

デジタルコンテンツと違って、紙媒体のチラシ作成には時間と手間がかかります。ほかにも、掲載できる情報が限られてしまうといった悩みもありました。

デジタルサイネージを用いた広告配信ではペーパーレス化はもちろん、あらかじめ用意していたコンテンツを利用することで、チラシ広告の印刷、張り替えの手間を改善、そしてさまざまなコストを削減できます。


▼デジタルサイネージを利用したコスト削減例

  • チラシ作成における印刷物コスト
  • チラシ作成における人的コスト

環境に優しく、企業のコスト削減にもつながる点はデジタルサイネージが持つ魅力の一つです。削減したコストは店内の販促活動やマーケティングなどの業務に充てられるため、企業の生産性向上も期待できます。


防災情報の発信

多くの人が集まるスーパーマーケットでは、万が一の災害に対する備えが不可欠です。インターネットを通じて情報配信できるデジタルサイネージは、防災や災害時にも活躍します。

緊急地震速報や気象警報発生など、緊急時もリアルタイムで災害情報の発信が可能です。避難経路を配信や自宅での対策を促すなど、音声や映像を使って正しい情報を提供すれば、お客さまの混乱防止にもつなげられます。



まとめ

今回はスーパーマーケットにおけるデジタルサイネージの使い方や活用シーンについて紹介しました。インターネットの普及によりWeb上で買い物をする人が増えるなか、実店舗を構えるスーパーマーケットには、従来と異なる形での販促活動が求められます。

効率よく店舗をアピールしたいときには、デジタルサイネージの活用が有効です。

株式会社ランドスキップが提供する“LOOOK”は、テンプレート利用により、デザイン性の高いオリジナルコンテンツを制作できます。専門的な知識が不要で、スマートフォンから簡単にリアルタイムの情報を発信できるため、導入後どなたでもすぐに活用できるのがポイントです。

“LOOOK”は初期費用0円(※限定100社)、月額4,980円(税抜)で始められます。

「販促に使えるコストパフォーマンスのよいサービスを探している」「売り上げがなかなか伸びない」という経営者さまは、“LOOOK”の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

今なら1ヶ月間の無料トライアルも実施中です。

詳しい資料もご用意しておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

今なら無料トライアル実施中!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください