ブログ記事一覧

catch-img

マンション管理に携わる方必見! デジタルサイネージをマンションに設置して住民満足度向上を

街の至るところで見かけるようになったデジタルサイネージ。最近では、マンションにデジタルサイネージを導入する機会も増えています。

実際に、「分譲マンションのエントランスやエレベーターホールで使われている場面を目にしたことがある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

デジタルサイネージの活用によって、マンションに設置された掲示板運用の利便性をさらに向上することが可能です。この記事ではデジタルサイネージの活用方法や設置するメリット・デメリットについて解説します。


目次[非表示]

  1. 1.マンションの掲示板運用に関する問題点
  2. 2.デジタルサイネージがマンション管理に適している5つの理由
    1. 2.1.①物理スペース+無限の仮想スペースを使える
    2. 2.2.②明かりと動きで、視覚にしっかりとアピールができる
    3. 2.3.③音声を駆使して、聴覚へ伝えることもできる
    4. 2.4.④印刷コストを削減できる
    5. 2.5.⑤現地へ出向かずにコンテンツを更新できる
  3. 3.マンションで配信するコンテンツ例
    1. 3.1.インフォメーション・お知らせ
    2. 3.2.周辺案内
    3. 3.3.空室情報
    4. 3.4.空間デザイン
  4. 4.まとめ


マンションの掲示板運用に関する問題点

マンション・アパートなど、不特定多数の方が暮らす集合住宅では住民への情報共有が欠かせません。

  • ごみ収集のお知らせ
  • エレベーター点検のお知らせ
  • 暮らし方に関するお願い

など、共有しなければならない情報は多々あります。

上記のような情報を共有する際には、エントランスなどに設置された掲示板を使うことが一般的です。

しかし、掲示板に紙やポスターを貼って周知するという場合、下記のような問題点もあります。

  • 掲示板のスペースに収まりきらない
  • 目立たない
  • 読みにくい

結果、周知しているつもりが住民には伝わっていなかったということも起こり得ます。

これらは見栄えに関わる問題点ですが、運営面においても、文書の作成や印刷に時間がかかる・貼り替えるために現地へ向かう必要があるなど、「解決したい問題が山積している」という方も多いのではないでしょうか。

デジタルサイネージの運用は、そういった見栄えに関する問題・運営に関する問題の双方をクリアする手段として適しています。



デジタルサイネージがマンション管理に適している5つの理由

デジタルサイネージがマンションでの情報共有に適している理由は大きく分けて5つあります。


①物理スペース+無限の仮想スペースを使える

デジタルサイネージは画面表示が切り替わるため、掲載できる情報量が本体の大きさに左右されにくいという特性があります。掲示板のように「文書が何枚までしか貼れない」という制限がありません。スペースに上限がないというのは大きなメリットの一つといえます。

また、デジタルサイネージで配信するコンテンツは、必ずしもディスプレイ本体のサイズに収める必要はありません。静止画をスライド風に分割することで「見てもらいたい情報」をより押し出すといった使い方も可能です。


②明かりと動きで、視覚にしっかりとアピールができる

デジタルサイネージは自ら発光できるという電子媒体ならではの特性があります。

紙媒体の場合は、夜間でも閲覧できるよう、エントランスの照明などにも気を配る必要がありますが、自身が発光するデジタルサイネージなら心配無用です。その明るさによって人の目を引きつける効果も期待できます。

また、デジタルサイネージでは動画の配信も可能。 明かりや動きで視覚にしっかりとアピールするため、「目立たない」という問題も解決できます。


③音声を駆使して、聴覚へ伝えることもできる

もちろん、視覚だけではなく聴覚への訴求も可能です。

紙媒体の場合はサイズが限られるため、情報量を詰め込もうとすると字が小さくなってしまったり、文章が長くなってしまったりしていました。

デジタルサイネージでは、情報量を分割して読みやすさを向上させるだけでなく、よりアピールしたい情報は音声で読み上げるといった使い方もできます。視覚で捉えにくい情報も、聴覚へ効果的に伝えられます。


④印刷コストを削減できる

デジタルサイネージは電子媒体のため、「印刷する」という運用面のプロセスを削減することができます。これは結果的に、プリンターや用紙などの印刷コスト削減、ひいてはペーパーレス化にもつながります。

共有期間の過ぎた文書やポスターはごみになってしまいますが、デジタルサイネージではそういったごみを出さない運用が可能です。

また、デジタルサイネージで配信した過去のデータは蓄積することができるため、使いまわしたいコンテンツを保管しておけば、必要なときに必要な部分だけを更新して配信するといった使い方もできます。


⑤現地へ出向かずにコンテンツを更新できる

管理人が常駐していないマンションの場合、都度マンションへ出向いてお知らせを貼り出す必要があり、複数の物件を管理している場合は物件の数だけ労力を要します。

遠隔操作が可能なデジタルサイネージを選択すれば、自宅にいながら、オフィスにいながらでも必要なときに迅速に情報発信することが可能になります。

管理の負担を軽減できるほか、すばやい情報発信は住民にとっても利便性が向上するなどメリットがあります。



マンションで配信するコンテンツ例

デジタルサイネージの特性を生かしたコンテンツは、掲示板の問題点を払しょくするだけでなく、住民の満足度を向上する効果も期待できます。

具体的なコンテンツ例をいくつか紹介します。


インフォメーション・お知らせ

ごみの収集やエレベーター点検などの日常的なお知らせと併せて、災害時の避難経路・避難場所などが確認できるハザードマップを掲載するという方法もあります。

知ってほしい情報だけでなく、住民の方が知りたいと思う情報を掲載することで、よりデジタルサイネージの存在感を強く示すことができます。


周辺案内

マンションの周辺施設情報なども住民にとって有益なコンテンツです。

新しくオープンする施設、開催予定のイベントなど、住民の利便性を向上させる情報を掲載することで住民の満足度を高める効果が期待できます。また、広告スペースとして運用することも可能です。


空室情報

マンションの住民だけでなく、訪問者向けの情報発信も行うことができます。

空室情報などの掲載は紙媒体でも行えますが、デジタルサイネージの場合は映像や動画を使って実際の部屋の様子なども映し出すことが可能です。

具体的な映像を見てもらうことで、より暮らしをイメージでき、魅力を感じてもらうことができるでしょう。


空間デザイン

情報発信とは趣向を変えて、空間をデザインするためのアイテムとして利用することもできます。

たとえば、都心部に建つマンションのエントランスに自然いっぱいの画像を映し出して、オアシスのような空間に演出するといった使い方があります。

四季折々の画像を使用すれば、季節を感じられる特別な空間にでき、住民の満足度向上効果も期待できるでしょう。



まとめ

デジタルサイネージを使えば、今まで紙媒体で行っていたマンション・アパートの住民への情報共有をより便利に、効果的に行えるようになります。

管理の手間が減るだけでなく、実際にマンションに暮らしている人々の満足度も向上するなど、多くのメリットがあるのも魅力です。

デジタルサイネージは導入ハードルが高いとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。そんな方におすすめしたいのが、株式会社ランドスキップがご提供している“LOOOK(ルーク)”です。

マニュアルも専門知識も不要で、スマートフォン一つで伝えたい情報を伝えたいときに、簡単に発信することができます。

動画コンテンツやデザインテンプレートも豊富に用意されているため、導入後すぐに運用開始することも可能です。

初期費用0円の無料トライアルも行っておりますので、マンション・アパートへのデジタルサイネージ導入をお考えの管理者様はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください