ブログ記事一覧

catch-img

コンテンツが鍵! コンビニでの効果的なデジタルサイネージ活用方法

コンビニエンスストアは、品ぞろえや便利の良さから私たちの生活に欠かせない存在です。

日本フランチャイズチェーン協会のコンビニエンスストア統計データによれば、2020年4月時点で全国に55,772店もコンビニエンスストアがあるということがわかっています。(主要8社)

コンビニエンスストアは、商品の販売だけでなく公共料金の払込やチケットの予約・販売、宅配便・郵便の受付、銀行ATMなどさまざまなサービスを提供しています。実は、そんなコンビニエンスストアでもデジタルサイネージが有効活用されているのをご存じでしょうか。

この記事では、コンビニエンスストアでの効果的なデジタルサイネージの活用方法や、他店との差別化を図るためのコンテンツについてご紹介します。

出典: 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会「JFAコンビニエンスストア統計調査月報


目次[非表示]

  1. 1.コンビニでの効果的なデジタルサイネージ活用方法
    1. 1.1.店頭や窓に設置して入店客数アップ
    2. 1.2.レジ周辺や商品周辺に設置して販売促進
    3. 1.3.スケジュール管理でリアルタイムな情報を一括配信
    4. 1.4.魅力的な広告でマーケティング効果アップ
    5. 1.5.外国人スタッフのオペレーション向上
  2. 2.差別化の鍵を握る「コンテンツ」
  3. 3.まとめ


コンビニでの効果的なデジタルサイネージ活用方法

デジタルサイネージはすでに多くのコンビニエンスストアで導入されているため、自身の店舗で導入を考えている方もいるでしょう。

コンビニエンスストアにデジタルサイネージを導入するメリットとして、集客顧客満足度アップ、マーケティング効果、業務効率化などが挙げられます。

しかし、導入しても上手に活用できなければ意味がありません。より効果やメリットを得るためには、活用方法のポイントを知ることが大切です。

ここでは、コンビニエンスストアでのデジタルサイネージ活用方法についてご紹介します。

店頭や窓に設置して入店客数アップ

繁華街の大きな駅だけでなく、都心から離れた小さな駅の周辺にもいくつものコンビニエンスストアが立ち並んでいます。

競争率の高い環境のなかで、お客様に店舗へ入ってもらうためには、店外へ向けたアピールが必要です。

紙媒体のポスターの場合、お客様がポスターの存在に気づかないということも少なくありません。しかし、デジタルサイネージであれば、複数の情報をスライドで見せたり、動画コンテンツを配信したりできるため、お客様の注目を集めやすいという良さがあります。

例えば、CMで紹介したスイーツや話題の商品を表示することで通りすがりの人の興味関心を引き、店内へ足を運ぶきっかけとなるでしょう。

レジ周辺や商品周辺に設置して販売促進

レジの近くや、コーヒーマシンの周辺など、待ち時間が発生する場所にデジタルサイネージを設置するのも効果的な方法です。

歩きながらではなく、お客様が立ち止まっている時間にコンテンツ内容を伝えることができるため、新商品やキャンペーン情報のアピールに効果が期待できます。

また、売出し中の商品の近くに小型のデジタルサイネージを設置するのもおすすめです。目新しさや特別感を表現すればお客様の購買意欲を刺激し、販売促進につながるでしょう。

スケジュール管理でリアルタイムな情報を一括配信

ネットワーク型のデジタルサイネージであれば、ひとつの拠点からいくつものディスプレイを一括管理することが可能です。

また、表示する内容のスケジュール管理を行えば時間帯によって情報を切り替えたり、期間限定キャンペーンの配信予約を行ったりすることもできます。

朝ならコーヒー、お昼はお弁当、夜はビールなど、タイムリーな広告はお客様の「欲しい」という気持ちに強く訴えかけることができ、売上アップにも貢献します。

魅力的な広告でマーケティング効果アップ

デジタルサイネージの大きな魅力は、高画質の美しい動画による広告を行えることです。
紙媒体のポスターでは難しいシズル感も、デジタルサイネージであれば実現できます。

例えば、コンビニエンスストアではホットスナックやおでんがレジ横で販売されていますが、湯気の立っている食品の動画を流してできたてをアピールすればより魅力的です。消費者の心理に訴えかける広告は購入につながりやすいでしょう。

外国人スタッフのオペレーション向上

コンビニエンスストアでデジタルサイネージを導入するメリットは、お客様だけでなく、スタッフ側にもあります。

多言語対応が可能なタッチパネル式のディスプレイにすることで、外国人スタッフのオペレーションが向上する効果も期待できます。

スタッフ同士のコミュニケーションツールとして活用すれば、働きやすい環境づくりにも貢献します。店舗や商品の宣伝として使えるだけでなく、さまざまな用途で活用できることを理解しておきましょう。


差別化の鍵を握る「コンテンツ」

コンビニエンスストアにとって、競合他社の存在は非常に大きな課題です。

独自のサービスを打ち出したとしてもすぐに同質化してしまい、自社が選ばれにくくなることもあります。

実際、デジタルサイネージによるマーケティング戦略はすでに多くのコンビニエンスストア各社が実践しているため、差別化を図るためには、魅力的なコンテンツの充実が必要です。

  • ユニークなコンテンツでお客様を引き付ける
  • 地域性を持たせる
  • 客層に合わせる

店舗によって客層や売れ筋商品は変わります。自店舗の特性を活かした独自性のあるコンテンツを作成し、他社とは違う魅力を感じてもらいましょう。


まとめ

コンビニエンスストアでデジタルサイネージを効果的に活用すれば、集客や顧客満足度アップ、マーケティング効果などさまざまなメリットが期待できます。

最近では、多くのコンビニエンスストアがデジタルサイネージを導入しているため、今後、は当たり前のものとなっていくかもしれません。

差別化を図るために重要なのが、独自性のあるコンテンツの充実化です。しかし、オリジナルのコンテンツ制作を毎回依頼するとなると、コストは大きく膨らんでしまいます。

「コストは抑えたいけれど、豊富なコンテンツを流したい」という店舗におすすめしたいのが、株式会社ランドスキップのご提供する新発想のデジタルサイネージ“LOOOK(ルーク)”です。

LOOOKは、風景やアート、シズル感のある映像などの豊富なコンテンツを200種類以上、オリジナルコンテンツが作成できるデザインテンプレートを100種類以上ご用意しています。

さらに、お手持ちの画像や映像を使用することも可能で、スマホやタブレットでコンテンツ制作から配信まで行える手軽さが魅力です。コンテンツ作成の専門知識やデザインスキルなどがなくても、簡単にコンテンツ制作・配信が可能。パートやアルバイトスタッフでも安心して任せられます。専属のスタッフを配置する必要がないため、人件費の節約にもつながるでしょう。

柔軟に幅広く活用できる、マーケティングに効果的なツールをお探しの担当者様はぜひ“​​​​​​​LOOOK”の導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください