ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージを導入して快適な空間を作るための5つのポイント

空間をより快適にするため、できる工夫はさまざまです。

デジタルサイネージを活用すれば、利用者が求める情報提供やその空間に適した演出を行うことができます。

この記事では、デジタルサイネージを導入して快適な空間を作るためのポイントについて詳しく紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.快適な空間とは?
  2. 2.デジタルサイネージで快適な空間を作るための5つのポイント
    1. 2.1.目的を明確にする
    2. 2.2.設置場所に合わせたディスプレイ選び
    3. 2.3.利用者に有益な情報の提供
    4. 2.4.効果を発揮する設置場所の検討
    5. 2.5.最適なコンテンツの制作
  3. 3.まとめ


快適な空間とは?

快適な空間といっても、シーンによってさまざまです。

デジタルサイネージを活用してより快適な空間を演出するためには、利用者のニーズに合った、その場所になじむ工夫を行うことが大切です。

音楽フェスやお祭りのようなイベントなら、ダイナミックな迫力のあるコンテンツがオススメです。場を盛り上げ、利用者は興奮や一体感を得られます。

一方、カフェやオフィスなどでは、激しい動きの少ないゆったりとしたコンテンツがよいでしょう。落ち着きのあるコンテンツでリラックス効果が高まり快適に過ごせます。

また、病院などの待合室なら、情報系のコンテンツが適しています。天気予報やニュースなど患者にとって有益な情報を発信するのに向いています。待ち時間を情報収集できる場に変えることで、待機時間のストレスも軽減できるでしょう。


デジタルサイネージで快適な空間を作るための5つのポイント

デジタルサイネージで快適な空間を作るためには、その場所になじむよう運用方法を工夫することも必要です。

ここからはデジタルサイネージで快適な空間をつくるためのポイントについて解説します。

目的を明確にする

デジタルサイネージを導入する際は、まずデジタルサイネージを設置する目的を明確にしましょう。

デジタルサイネージを設置して「どのような目的を達成したいのか」「なにをアピールしたいのか」などがはっきり定まっていなければ、効果的な運用を行えません。

  • 店舗やブランドコンセプトに合った空間演出を行いたい
  • 顧客の満足度を高めたい
  • 災害時を想定して情報発信を強化したい
  • 競合との差別化を図りたい

上記のように、なにを目的としてデジタルサイネージの導入を行うのかを最初に明確にしておきましょう。

設置場所に合わせたディスプレイ選び

デジタルサイネージは設置場所に最適なディスプレイを選択することも重要です。
ディスプレイを選ぶ際は、ディスプレイの“サイズ”と“輝度”を検討します。

デジタルサイネージ用のディスプレイはサイズもさまざまで、主なサイズは9〜70インチ。情報発信や空間演出にはそれぞれ適したサイズがあります。

たとえば、店内の空間演出に9インチのディスプレイを利用すると、物足りない可能性があります。

逆に、トイレといった狭い空間に対して、70インチの巨大ディスプレイを設置するのも見づらく視認性が低下します。

また、ディスプレイには輝度も大切です。輝度とは画面の明るさを指し、設置場所によって適した輝度があります。

明るい日に外でスマートフォンの画面を見ると、画面が暗く見にくく感じることがあるのではないでしょうか。これは画面の輝度が太陽光の明るさに負けてしまっていることが原因です。
屋内なら輝度400cd/m2。屋外なら少なくとも1,200cd/m2以上の輝度が必要となります。

利用者に有益な情報の提供

利用者に有益な情報を提供できる場は、空間の価値を高め快適性を向上させます。

  • 社員食堂にデジタルサイネージでメニューを表示して社員のストレスを緩和
  • 天気予報・ニュースなど利用者に有益な情報を発信し満足度を向上
  • オフィスの休憩室で自然の映像を流してリラックス効果を向上

上記のように、利用者が求める情報やその場所をよりよい場所にする情報などが有効です。

効果を発揮する設置場所の検討

せっかくデジタルサイネージを設置しても、表示する情報が利用者に伝わらなければ意味がありません。デジタルサイネージの効果を最大限に発揮するには、設置場所も考慮しましょう。場所選びのポイントは以下の3つです。

  • 人目につきやすいか
  • 一定時間見ることができるか
  • 視界や動線を阻害していないか

離れた場所からも見える位置かどうかを確認して設置場所を決めましょう。その際、視界を塞いでしまったり、通行の邪魔になったりしないかにも考慮します。あらゆる状況を想定して、より多くの人の目に留まる場所を選択しましょう。

最適なコンテンツの制作

デジタルサイネージによる快適な空間の演出には、表示するコンテンツも重要です。

デジタルサイネージでは、静止画コンテンツ・動画コンテンツ・ウェブコンテンツを表示でき、音声をつけることもできます。

落ち着いた場所には静止画コンテンツ、動きのある動画で目を引きたいなら動画、利用者自身に操作をさせ情報を引き出してもらうならウェブコンテンツがよいでしょう。

コンテンツは自社でも制作できますが、よりクオリティの高いコンテンツを求めるなら外部に依頼する方法もあります。


まとめ

デジタルサイネージを上手に活用すると、快適な空間をつくりあげることが可能です。空間の価値が高まれば、利用者の満足度も向上するでしょう。

また、快適な空間はストレスを緩和するだけでなく、滞在時間の延長や再来店の動機にもつながります。

デジタルサイネージの導入にお悩みの方は、空間を多様なコンテンツで彩るLOOOKを検討してみてはいかがでしょうか。株式会社ランドスキップがご提供するLOOOKならインターネット環境と電源をご用意いただくだけで手軽に導入できます。

ディスプレイをお持ちでない場合には、提携先の薄型モニターを格安でご提供いたします。

LOOOKはインテリアコンテンツや販促に活用できるデザインテンプレートを多数そなえているため、外部にコンテンツ制作を依頼する必要もありません。

専門知識も不要で、スマートフォンやPCからの簡単な操作で素早くコンテンツ配信を行えます。

今なら無料トライアルも実施中です。ご興味がおありの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください