ブログ記事一覧

catch-img

窓のデザインで空間を演出! デジタルサイネージの活用で得られる5つのメリット

店舗にとって窓は重要なスペースです。たまたま通りかかった人に店内の様子をアピールすることができるほか、自然光をうまく取り入れ、魅力ある空間に演出することも可能です。

しかし、ビルのテナントや地下など窓がない店舗もあるでしょう。また、窓があっても活用できていない場合もあります。

「窓を付けたいけれど付けられない」「もっと開放感を演出したい」などの悩みにオススメなのは、窓がなくても空間を心地よく演出できるデジタルサイネージの活用です。

この記事では、デジタルサイネージを使って空間を演出するメリットや、使用する際のポイントについて詳しく紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージを活用して空間を演出するメリット
    1. 1.1.大規模な工事なしで設置できる
    2. 1.2.リラックス効果が得られる
    3. 1.3.コンテンツの変更に柔軟に対応できる
    4. 1.4.昼夜問わず空間を演出できる
    5. 1.5.非日常的な空間を演出できる
  2. 2.デジタルサイネージの窓で空間演出する際のポイント
    1. 2.1.イメージに合ったコンテンツの配信
    2. 2.2.設置場所の工夫
    3. 2.3.用途に合わせたディスプレイを選ぶ
  3. 3.まとめ


デジタルサイネージを活用して空間を演出するメリット

窓は開放的な雰囲気を演出するほか、店舗情報をアピールするスペースとしても活用されています。

しかし、窓を活用したくても、そもそも窓がない店舗もあります。このような店舗では、デジタルサイネージを窓のように活用する方法があります。

以下ではデジタルサイネージを窓の代わりに活用して得られるメリットを5つにまとめてみました。詳しく見ていきましょう。

大規模な工事なしで設置できる

新たに窓を設置する場合、店舗によっては大規模になる可能性もあります。また、建物の構造上窓を設置できない場合もあります。

しかし、デジタルサイネージなら工事が不要です。電源があればどこでも設置することができるため、コストを抑えた空間演出ができます。

リラックス効果が得られる

窓のない閉塞的な空間でもデジタルサイネージで自然の映像を表示すれば開放的なリラックス空間を演出することが可能です。心地のよい空間では顧客もリラックスし、滞在時間の延長につながります。

また、オフィスでの活用にも効果が期待できます。窓がないオフィスで長時間を過ごすのは窮屈ですが、デジタルサイネージを活用すれば従業員のストレス緩和にも役立ちます。

コンテンツの変更に柔軟に対応できる

デジタルサイネージは表示するコンテンツの変更もスムーズです。

静止画や動画など、幅広いコンテンツを好きなタイミングで変更可能。その場に合わせて柔軟に対応できるため、いつでも鮮度の高い情報提供が行えます。

セール商品の告知、キャンペーン・イベントの告知など、販促ツールとしての使い勝手も抜群です。

昼夜問わず空間を演出できる

実際の窓は、室内に入る光の量が時間や天候に左右されるため、どの時間でも同じ明るさにはなりません。

しかし、デジタルサイネージなら昼夜問わず安定した空間演出を行えます。

天候や場所、時間に左右されずに視認性の高い演出を行うことができるのはデジタルサイネージの大きな強み。

また、自然光は商品の日焼けや室温の上昇、結露などが生じることもありますが、LEDディスプレイを選べばこれらの心配も不要です。

非日常的な空間を演出できる

デジタルサイネージなら、リアルでは見られないような幻想的な映像を映し出すことができます。

たとえば、雲の上に浮かんでいるような映像や海の底にいるような映像を表示して非日常的な空間を演出することも可能です。

クオリティの高い空間演出がSNSなどで話題になれば集客も見込めます。配信するコンテンツは内容にこだわり、オリジナリティのある映像を提供しましょう。


デジタルサイネージの窓で空間演出する際のポイント

デジタルサイネージを窓として活用することには多数のメリットがあります。

しかし、デジタルサイネージの機能を最大限に発揮するためには、ポイントを押さえることが必要です。

ここからは、デジタルサイネージで空間演出をする際のポイントを詳しく解説します。

イメージに合ったコンテンツの配信

デジタルサイネージで配信するコンテンツは、店舗のイメージやコンセプトに合わせるのが大前提です。

たとえば、ナチュラルな雑貨を扱う店舗で、都会のビル群の映像を流していたら違和感を覚えます。また、サーフショップで雪山の映像を流しても顧客の購買行動にはつながりません。
店舗やターゲットのイメージに合うコンテンツを配信することで空間を心地よく演出しましょう。

設置場所の工夫

デジタルサイネージを活用して空間演出を行う際には設置場所も重要です。人目につきやすい場所や目的に合った場所を選びましょう。

たとえば、来店した人の目に留まる正面の壁やレジカウンターの背後などがオススメです。

ただし、不安定な場所に設置すると破損や事故の原因になるため、十分に注意しましょう。

用途に合わせたディスプレイを選ぶ

設置場所や目的、用途に合わせたディスプレイ選びも重要なポイントです。デジタルサイネージのディスプレイにはスタンド型、壁掛け型、天井から吊るすタイプなどさまざまな製品があります。

また、ディスプレイの輝度も考慮しましょう。光が差し込む場所に設置するなら、輝度が高いディスプレイでなければ画面が暗くなり、視認性が低下する可能性もあります。


まとめ

デジタルサイネージを活用すれば、窓がない場所でも明るく落ち着いた空間を演出することが可能です。

株式会社ランドスキップが提供しているLOOOKは、毎月配信される200種類以上の豊富なインテリアコンテンツを利用できる新発想のデジタルサイネージです。

LOOOKなら、窓のない閉塞的な空間を開放的でセンスのよい空間に変更できます。

透き通った海が広がるビーチでのランチ、満天の星空の下でのディナーなどテーマはさまざま。演出したい雰囲気に合わせてコンテンツを切り替えることができるため、ワンランク上の空間演出を実現します。

LOOOKはスマートフォンで操作でき、難しい知識が不要です。指先ひとつでコンテンツの配信を行えるため、専門のスタッフでなくても頻繁に更新できます。

デジタルサイネージを使って店舗の空間を演出したいとお考えの運営者様は、ぜひLOOOKの導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください