ブログ記事一覧

catch-img

店舗の販促効果を高めるデジタルサイネージ活用法と3つの導入事例

デジタルサイネージは、小売店、飲食店、スーパーマーケット、アパレルショップ、ドラッグストアなど、さまざまな店舗で販促効果を高めるために活用されています。

この記事では店舗の販促効果を高めるためのデジタルサイネージの活用方法と、実際に店舗にデジタルサイネージを導入した実例をご紹介します。
自社にもっとも適したデジタルサイネージ導入のためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


目次[非表示]

  1. 1.店舗の販促効果を高めるデジタルサイネージ活用法
    1. 1.1.小売店の場合
    2. 1.2.飲食店の場合
    3. 1.3.スーパーマーケットの場合
    4. 1.4.アパレルショップの場合
    5. 1.5.ドラッグストアの場合
  2. 2.店舗でのデジタルサイネージ導入事例
    1. 2.1.大自然をデジタル空間演出で表現
    2. 2.2.購買意欲が高まる商品イメージが膨らむ広告
    3. 2.3.デジタルとホラーの融合で新しい怪談体験を
  3. 3.まとめ


店舗の販促効果を高めるデジタルサイネージ活用法

デジタルサイネージを導入する際には、どのような目的で導入するのかをしっかりとイメージすることが大切です。

目的をイメージし、目的達成のために設置場所やコンテンツなどを検討することでより効果的な宣伝が行えます。

ここからは、さまざまな店舗の販促効果を高めるデジタルサイネージの活用方法についてご紹介します。

小売店の場合

さまざまな商品が並び、広告を設置するスペースが限られている小売店の場合でも、デジタルサイネージなら省スペースで多くの商品をアピールできます。

多くの商品群の中から、季節やイベント、顧客ニーズをピックアップし効果的にアピールすることで売上向上につながります。

飲食店の場合

季節のおすすめメニューやキャンペーンの表示で顧客にさまざまなメニューをアピールできます。

たとえば、SNSで大きなブームとなっているメニューを提供していることをアピールできれば、集客や売上アップも見込めるでしょう。

またデジタルサイネージの場合、手軽に内容を変更できるため急な予約のキャンセルが出てしまった場合もスムーズに告知を行えます。店外にシズル感あふれる動画広告を設置して、来店誘導に利用することも可能です。

スーパーマーケットの場合

セール情報や旬の食材、季節のイベントに合わせたオススメ商品を紹介したり、販売したい商品を使ったレシピ動画を流したりするのも、商品の購入につながります。

多くの人が見るレジ前や売りたい商品の近くなど、デジタルサイネージの設置場所を工夫するとより効果が期待できます。

アパレルショップの場合

店頭にブランドの雰囲気や商品に合わせたデジタルサイネージを設置すると商品やブランドの魅力をアピールできます。

商品の近くに設置してオススメコーディネートなどを表示すれば、より明確に訴求を行えるため、客単価アップにもつながるでしょう。

また、キャンペーンや新商品の告知に活用すると、顧客の再来店を促す効果も期待できます。

ドラッグストアの場合

ドラッグストアの場合、さまざまな日用品や化粧品などが大量に並んでいるため、顧客はどの商品を買えばよいのか迷ってしまいます。

デジタルサイネージを使って商品の近くでCMを流せば顧客に見つけてもらいやすくなります。商品の種類が多い店舗ではとくに、商品の認知度を高めることが重要と言えるでしょう。


店舗でのデジタルサイネージ導入事例

前項ではデジタルサイネージの活用法をご紹介しました。ここからはデジタルサイネージを導入した店舗の事例をご紹介します。
デジタルサイネージの活用方法を、より具体的にを見てみましょう。

大自然をデジタル空間演出で表現

すすきの最大級のインバウンド向けワンフロアレストラン「ジャパニーズビュッフェダイニング 伝」。

こちらではメインビュッフェ会場全体に設置した横12m×縦2.3mという大型のLEDビジョンで空間演出が施されています。店内はまるで大自然の中に飛び込んだような、今までにない体験ができる特別な空間に。

圧倒的な空間演出は顧客体験の向上が期待できるだけでなく、インバウンド市場の活性化にもつながります。

出典:株式会社ランドスキップ「DEN|JAPANESE BUFFET DINING

購買意欲が高まる商品イメージが膨らむ広告

北海道民が本当にオススメする逸品にこだわった、さまざまな商品販売を行う「北海道くらし百貨店」。

メインエリアとなる部分に設置したデジタルサイネージには自然豊かな牧場で過ごす牛の映像や、おいしそうなチーズの映像など、毎月の特集に合わせてコンテンツを表示。

ただ商品を見ただけでは、バックグラウンドまでは想像するのは難しいかもしれません。
しかしデジタルサイネージの映像があることで顧客は商品が作られた土地や風景までも想像することができるため、商品の付加価値を高め、購買意欲の向上に貢献します。

出典:株式会社ランドスキップ「Satsudora Hokkaido Shop

デジタルとホラーの融合で新しい怪談体験を

プロの怪談師による怪談ライブを提供する日本初の怪談バー「スリラーナイト」。

プロジェクターやタブレットを使った演出、特殊印刷の写真撮影演出、超指向性超音波スピーカーを使った音の演出などさまざまな演出を組み合わせることで、今までにない怪談体験が味わえる場所に。

デジタルサイネージはアイデアやさまざまな技術との組み合わせで多様な使い方ができる、多くの可能性を秘めた情報媒体と言えるでしょう。

出典:株式会社ランドスキップ「Horror Bar|Thriller Night


まとめ

デジタルサイネージは飲食店や小売店、アパレルショップやドラッグストア、スーパーマーケットなど、どのような業種でも高い効果が期待できる優れた広告ツールです。

従来の広告の「目立たない」「スペースが限られている」「デザイン・印刷・配送・貼り替えなど管理の負担が大きい」などの問題点を解決します。

しかし、デジタルサイネージをより効果的に活用するためには優れたコンテンツ制作が必要不可欠です。そのため、制作コストが気になってなかなか導入に踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このようにお悩みの方にオススメしたいのが“LOOOK(ルーク)”です。

株式会社ランドスキップが提供する新しいデジタルサイネージLOOOKは、だれでも簡単に品質の高いオリジナルコンテンツを制作できます

専門知識は一切不要で、お好みのコンテンツやテンプレートを選択するだけ。写真やテキストの変更もスマートフォンひとつでできるため、現場スタッフだけで臨機応変な対応ができます。

現場で気軽に活用できるデジタルサイネージをお探しの担当者様はぜひLOOOKの導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください