ブログ記事一覧

catch-img

美容室はデジタルサイネージで差別化!導入をオススメする7つの理由

街を歩けば必ず目にする美容室。厚生労働省の発表によれば美容室の数は25万1,140件にのぼり、年々ほぼ右肩上がりで増えています。

しかし、美容室の数が増えたからといってお客さんの数が増えるわけではありません。競争が激しい業界だからこそ、効果的な広告によって近隣のライバル店との差別化を図りたいとお考えの方も少なくないのではないでしょうか。

美容室がライバル店との差別化を図るにはデジタルサイネージが有効です。
静止画・動画・音声で情報発信するデジタルサイネージを使えば、より顧客の心に訴えかけるアピールを行うことができます。

この記事では、美容室にデジタルサイネージ導入をオススメする理由について詳しくご紹介します。

出典:厚生労働省「平成30年度衛生行政報告例の概況


目次[非表示]

  1. 1.顧客に選ばれる美容室とは
    1. 1.1.美容室を選ぶ基準
    2. 1.2.知らない美容室には入りたくない人が多い
  2. 2.美容室にデジタルサイネージを導入をオススメする理由
    1. 2.1.待ち時間に商品やサービスをアピールできる
    2. 2.2.店内の雰囲気をイメージできる
    3. 2.3.集客につながる
    4. 2.4.新サービスや最新ヘアスタイルなど多くの情報を配信できる
    5. 2.5.差別化を図れる
    6. 2.6.特別な空間を演出することができる
    7. 2.7.広告収入を得ることも可能
  3. 3.まとめ


顧客に選ばれる美容室とは

美容室の広告を考えるうえで、理解しておきたいのが「顧客が美容室を選ぶ基準」です。

まず、顧客は何を基準に美容室を選んでいるのか、2つのアンケート結果を見てみましょう。

美容室を選ぶ基準

全国の20~40代の女性333人を対象にしたアンケートで、美容室を選ぶ基準について質問をしたところ、下記のような結果が出ました。

  • 料金が安い・・・62.5%
  • 自宅や職場・学校に近い・・・35.6%
  • 親族・友達からの紹介・・・23.1%
  • その他・・・22.1%
  • 雑誌やネット口コミ・・・20.2%
  • 美容室の内装が好み・・・11.5%
  • 美容室の外観が好み・・・10.6%

この結果で注目する必要があるのは、「自宅や職場・学校に近い・・・35.6%」「美容室の内装が好み・・・11.5%」「美容室の外観が好み・・・10.6%」という部分です。
この属性をターゲットにした広告を作成することに集客につながるヒントがあります。

出典:BeCore「美容室を選ぶ基準は何ですか。

知らない美容室には入りたくない人が多い

また、全国の20~49才の男女300名を対象に行われた調査では、全体の65.7%が新しい美容室を利用することに抵抗があると回答。女性のみでは約70%にのぼります。

20代女性の場合は70%、30代女性の場合は72%、40代女性の場合は78%と年齢層が高くなるにつれて、新しい美容室を利用することに対する抵抗感が強まる傾向にあるようです。

このことからも、美容室は新規顧客の獲得が非常に難しいということがわかります。

出典:株式会社アスマーク「理容室・美容室に関するアンケート調査


美容室にデジタルサイネージを導入をオススメする理由

美容室にデジタルサイネージを導入することには、数多くのメリットがあります。

待ち時間に商品やサービスをアピールできる

ポスターなどの静止画と比べ、動画の情報量はおよそ30倍にもなるとされているため、デジタルサイネージは情報量を活かせる場所に設置することが重要です。

デジタルサイネージをレジ前や座席に設置すると、顧客の待ち時間にサロン専売品や提供しているサービスをアピールできるため、売上向上に効果が期待できます。

出典:愛知大学情報メディアセンター「文字から画像、そして動画へ

店内の雰囲気をイメージできる

上記で紹介したアンケート結果にもあるとおり、「知らない美容室に入りたくない」と考えている人は多いです。また、外観や内装が好みの美容室を選んでいるという人も一定数存在しています。

このことからわかるのは、美容室の広告には、料金やメニューだけでなく店舗自体のアピールが重要だということです。デジタルサイネージを店外に設置して動画で店内の雰囲気がしっかりと伝えることができれば、知らない店舗に抵抗を感じる方も足を運びやすくなるでしょう。

集客につながる

表示内容をリアルタイムで変更することができるのもデジタルサイネージの魅力のひとつです。
急なキャンセルが出てしまった場合に「本日カットできます」などと表示して飛び込みの顧客にアピール、ビル内のわかりにくい場所にある美容室なら、店外にデジタルサイネージを設置して店舗までの道順を案内など、さまざまな方法で集客につなげることができるでしょう。

新サービスや最新ヘアスタイルなど多くの情報を配信できる

紙媒体のポスターの場合、スペースに限りがあるため、顧客に伝えられる情報はどうしても限られます。

しかし、デジタルサイネージならスライドショーや動画で伝えることができるため多くの情報を少ないスペースで配信できます。パーマやカラーはどうしても待ち時間が必要ですが、新サービスやキャンペーンの動画、ヘアスタイルなどを眺められれば、長い待ち時間も苦にならないでしょう。

差別化を図れる

冒頭で触れたとおり、美容室は競争が激しく多くの店舗であふれています。このなかで生き残るためには、まずは知ってもらうことが大切です。

看板やポスターでにぎわっているエリアでも、デジタルサイネージなら動画や音声でもアピールできるため、ライバル店との差別化を図れます。

特別な空間を演出することができる

美容室を選ぶときに外観・内装を基準にしているという顧客も少なくありません。

デジタルサイネージは、空間演出を行うことも可能です。大型のディスプレイを使って光や映像で演出したり、アートを表示してセンスの良い空間を表現したりと使い方はさまざまです。

美容室はリラックスしながら自分自身をメンテナンスする場所だからこそ、空間演出は非常に有効と言えます。

広告収入を得ることも可能

美容室は、顧客の属性が明確で詳細です。そのため広告主にとっては非常に魅力的な環境とも言えます。

カット中に顧客がタブレットを見られるようにして、動画広告コンテンツを流し、広告収入を得ることも可能です。


まとめ

美容室はコンビニエンスストアのように気軽に入って商品を購入できる場所とは違い、店内誘導の難易度は高くなります。だからこそ、優れた点やメリットを効果的にアピールすることは集客や売上拡大に必要と言えます。

ライバル店の差別化を図り、顧客に魅力をアピールしたいとお考えでしたら、デジタルサイネージを導入してみてはいかがでしょうか。

株式会社ランドスキップがご提供する“LOOOK(ルーク)”はすばやく簡単に広告を配信することが可能です

豊富なコンテンツやテンプレートを選択し組み合わせるだけでオリジナルのコンテンツを作ることができるため、スキルやセンスは不要。もちろん、お持ちのヘアスタイル画像や販促画像も活用できます。

また、LOOOKはリアルタイム更新が可能でスマートフォンがあれば操作でき、急なキャンセルの集客も指先ひとつでOK、カットの合間に行えます。
デジタルサイネージを活用した差別化にご興味がおありの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください