ブログ記事一覧

catch-img

売上アップにつながるデジタルサイネージのマーケティング活用例5選

街を歩けば多くのデジタルサイネージを目にします。かつては珍しかったデジタルサイネージも、飲食店や小売店だけでなく、公共機関や大学、ホテルや病院などでも急速に広がりを見せています。そのため、現在、デジタルサイネージは私たちの生活に根づいた広告と言えるでしょう。

また、集客、サービスの向上、認知拡大など、企業や店舗のマーケティングに活用できるため、広告に限らず情報発信で利用するケースも多いです。

この記事では、デジタルサイネージを使った売上アップにつながるマーケティング活用例についてご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージを使ったマーケティング活用例
    1. 1.1.おすすめ商品を効果的にアピール
    2. 1.2.お店の魅力を知るきっかけ作り
    3. 1.3.予定外の消費行動を促す
    4. 1.4.空間演出で居心地のいい空間に
    5. 1.5.同業他社との差別化
  2. 2.デジタルサイネージのマーケティング効果を上げる設置場所
    1. 2.1.必ず目につく場所
    2. 2.2.待ち時間を過ごす場所
  3. 3.まとめ


デジタルサイネージを使ったマーケティング活用例

デジタルサイネージは、飲食店や小売店などの売上アップに貢献することができると期待されています。

まずは、効率的なマーケティング活用例を見てみましょう。

おすすめ商品を効果的にアピール

店舗の販促計画はもちろん、気候、天気、季節によってアピールしたい商品やサービスは変わります。

何かに特化した専門店であればスタッフのイチ押し商品を紹介したり、ドラッグストアなら花粉が多い日に花粉症対策の薬やマスクを紹介したり、飲食店なら旬の食材を使ったメニューを紹介したりと活用方法はさまざまです。

デジタルサイネージを活用すると臨機応変にアピールすることができるため効率的に顧客満足度を上昇させることができます。

お店の魅力を知るきっかけ作り

飲食店や小売店にとって、新規顧客の獲得は何よりも重要な課題です。

店頭に魅力的な映像を使った広告を設置すると、人の目を惹き新規来店や再来店のきっかけを作ることができます

  • イベント告知
  • 割引セール告知

とくにイベント告知や割引セールに関しては、買い物が目的ではない人の目を惹く効果も期待できるため、集客増や購買意欲の促進につながります。

予定外の消費行動を促す

デジタルサイネージを設置すると、来店のきっかけを作るだけでなく、買う予定のなかった商品まで思わず購入してしまう“衝動買い”を促進することも可能です。

たとえば、飲食店ならテーブルにディスプレイを設置し、オススメ商品の映像を流しておくだけで、「美味しそうだからアレも注文してみようかな」という衝動を促進することができるかもしれません。

ドラッグストアといった小売店なら、レジ上の天井スペースに天吊りディスプレイを設置しておき、レジの待ち時間を有効活用できるようにします。割引商品やタイムリーなオススメ商品をPRすることで、買い回り行動の促進が期待できるでしょう。

空間演出で居心地のいい空間に

店内の雰囲気やイメージを大幅に変えたいと思ったら、従来は大掛かりな工程やリニューアル工事が必要でした。

しかし、デジタルサイネージを活用した空間演出を取り入れれば、簡単に店内の空間演出が可能になります。

大型のLEDビジョンを設置して、季節に合わせた美しい風景を表示するだけで室内が彩られます。居心地が良くインパクトのある快適空間を作ることができるため、顧客満足度も高まるでしょう。

同業他社との差別化

飲食店や小売店に限らず、競争に勝ち抜くためには同業他社との差別化が必要です。

上記で紹介した空間演出はもちろん、デジタルサイネージを使ったわかりやすい告知はすべて顧客満足度につながると言えます。

デジタルサイネージを活用したワンランク上の店舗を目指す取り組みは、マーケティングに置いて非常に有効です。同業他社との差別化にも貢献し、「また来店してみよう」という動機になるでしょう。


デジタルサイネージのマーケティング効果を上げる設置場所

デジタルサイネージを活用すると、さまざまなマーケティング効果を得ることが可能です。しかし、どんな内容を配信するかと同じほど「どこにディスプレイを設置するか」も重要です。

以下では、マーケティングでデジタルサイネージを活用したいと考えている方に、おすすめのディスプレイの設置場所を紹介します。

必ず目につく場所

デジタルサイネージの最大の魅力は映像コンテンツです。

そもそも、広告は認知されなければ効果を発揮することはできません。必ず人の目につく場所に設置することを心がけましょう。

  • 店頭
  • 入り口
  • レジ前

お店に入るためには必ず入り口を通過します。また、買い物をするときは必ずレジに行くでしょう。


来店したお客様が必ず目にする場所や足を運ぶ場所に設置することを意識することが大切です。

待ち時間を過ごす場所

暇を持て余す待ち時間は、デジタルサイネージから流れる映像を普段よりもじっくりと見てもらえる可能性が高いです。

  • レジの待ち時間
  • 待合室
  • 喫煙所

大型施設の場合、喫煙所の壁に設置すると煙草を吸っているときに広告をじっくり見てもらえる可能性が高くなります。

上述でも触れたとおり、小売店ではレジ上の天井スペースにディスプレイを設置することで、レジの待ち時間中に商品のPRが行えるなど、待ち時間を有効活用することが可能です。


まとめ

飲食店や小売店のような競合が多いお店は、生き残るためにさまざまなマーケティング戦略を利用する必要があります。

集客、他店舗との差別化、店舗内での購買意欲促進のための取り組みは常に重要な課題です。デジタルサイネージを使ったマーケティングは即実行することができる簡単なものでもさまざまな利点を店舗にもたらしてくれます。

初めてデジタルサイネージを使うという方におすすめなのが、株式会社ランドスキップが提供しているLOOOK(ルーク)です。100種類以上のテンプレートからデザインを選び、テキストや画像を入力するだけの簡単作業でハイセンスなサイネージを配信することができます。更新頻度の高いお店はなおさら効果を感じることができるでしょう。

今なら初期費用0円で無料トライアルも行えます。デジタルサイネージを使ったマーケティングに興味がある方は、ぜひお試しください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください