ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージ3種類の特徴とメリット・デメリットを紹介

集客、マーケティング、商品販促など、デジタルサイネージは新しい情報・広告媒体として、屋外や店頭、公共交通機関などさまざまな場所で利用されています。

デジタルサイネージは「ネットワーク型」「スタンドアロン型」「インタラクティブ型」の3種類に分かれており、それぞれに異なる特徴とメリット・デメリットがあります。

デジタルサイネージの導入を考えている方は、どのタイプを導入するのがベストなのかを事前に精査しておきましょう。


目次[非表示]

  1. 1.ネットワーク型の特徴とメリット・デメリット
    1. 1.1.特徴
    2. 1.2.メリット
    3. 1.3.デメリット
  2. 2.スタンドアロン型の特徴とメリット・デメリット
    1. 2.1.特徴
    2. 2.2.メリット
    3. 2.3.デメリット
  3. 3.インタラクティブ型の特徴とメリット・デメリット
    1. 3.1.特徴
    2. 3.2.メリット
    3. 3.3.デメリット
  4. 4.まとめ


ネットワーク型の特徴とメリット・デメリット

まずは、ネットワーク型デジタルサイネージの特徴と、メリット・デメリットを紹介します。

特徴

ネットワーク型デジタルサイネージとは、インターネットなどのネットワークに接続された通信機器を持つデジタルサイネージのことです。

手元にインターネット接続が可能なパソコンやスマホなどがあれば、どこからでもディスプレイの表示切替を行うことができます。「クラウド型」とも呼ばれ、もっともシェアを伸ばしているタイプです。

メリット

最大のメリットは、インターネット環境さえ整っていれば遠隔操作で静止画や動画などさまざまなコンテンツを簡単に更新できるという点です。

タイムリーな情報を発信することができますので、マーケティングにおける強い味方になってくれます。

遠隔操作で複数端末のコンテンツを同時に切り替えることや、表示開始の日時指定を事前に予約しておくことも可能です。

頻繁におすすめメニューが変わる飲食店や、天候や客足に合わせてタイムリーな商品情報を提供したいドラッグストアなどの小売店にはとくにオススメです。

デメリット

ネットワーク型デジタルサイネージのデメリットは、管理するパソコンやWi-Fi環境などの導入・維持コストがかる点と、情報漏えいの可能性があることです。

通信費やクラウドサービスの利用料も必要ですが、リアルタイムな情報更新ができるため、大規模なチェーン店や積極的に情報を更新したい場合はネットワーク型がおすすめです。


スタンドアロン型の特徴とメリット・デメリット

次に、スタンドアロン型デジタルサイネージの特徴と、メリット・デメリットを紹介します。

特徴

スタンドアロン型デジタルサイネージの特徴は、インターネットにつながっていない状態でコンテンツ配信を行えることです。

スタンドアロン型はUSBやSDカードをディスプレイに差し込みコンテンツを配信します。

メリット

スタンドアロン型デジタルサイネージのメリットは、ネットワーク型と比較して導入・運用コストが安いこと。ネットワーク型とは異なり、インターネット環境が整っていない店舗でも利用することが可能です。

ネットワークに接続されていないため動作は安定し、ネットワークを介した情報漏えいも発生しません。

コストも安く、頻繁にコンテンツを更新する必要がない店舗に向いています。

デメリット

デメリットはコンテンツの更新作業に時間と手間がかかるという点です。

スタンドアロン型は、ネットワーク型のように遠隔操作ができません。コンテンツ情報を更新するためには、毎回USBメモリーなどでデータ更新を行う必要があります。リアルタイムな情報更新も困難です。


インタラクティブ型の特徴とメリット・デメリット

最後は、インタラクティブ型デジタルサイネージの特徴と、メリット・デメリットについて紹介します。

特徴

インタラクティブ型デジタルサイネージとはネットワークに接続されているデジタルサイネージで、モーションセンサーやタッチパネル機能などを搭載しています。

人の動きを検知し、ユーザーとコミュニケーションが取れるため、大型商業施設や公共交通機関などで活用されています。

メリット

インタラクティブ型デジタルサイネージのメリットは多彩な機能です。

案内機能や音声認識、多言語表示といった複数の機能を搭載しているため、公共交通機関では訪日外国人にも対応した案内情報をスムーズに提供することができます。また、商業施設ではモーションセンサーや顔認識機能を活用し、モニタ前のユーザーの年齢や性別を判断したうえで相手に合った商品をPRすることも可能です。

知りたい情報をスムーズに得ることができるため、顧客満足度の向上にもつながります。

デメリット

ネットワーク型、スタンドアロン型と比較すると、タッチパネルに対応したハードウェアの費用がかかります。また、ネットワークを構築・維持するためのコストやコンテンツ制作にかかる専門知識も必要になります。

設置場所によっては人とぶつかったり汚れたりする可能性があり、故障が生じる場合もあるため細心の注意が必要です。


まとめ

デジタルサイネージと言ってもネットワーク型、スタンドアロン型、インタラクティブ型と3種類に分かれており、それぞれ異なる特徴とメリット・デメリットを持っています。

デジタルサイネージを導入する際は、どのような場所や目的で使うのかを考えたうえで、それぞれに適したデジタルサイネージの導入を検討することが大切です。

株式会社ランドスキップLOOOK(ルーク)は、空間と目線を変えるデジタルサイネージです。デザインテンプレートは100種類以上、コンテンツの自動デザインも可能なため、はじめての方も安心です。

デザインの設定や情報の突発的な変更など、配信のすべてをスマートフォンで行えます。専用端末をお手持ちのモニターに接続するだけで利用できるため、設備の導入コストも安く抑えられます。

無料トライアルも用意しておりますので、ご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください