ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージ導入に失敗しないための5つの事前チェックポイント

近年、マーケティングや空間演出など、さまざまなシーンで活用されているデジタルサイネージ。せっかく導入するのであれば上手に活用して集客や売り上げアップなど有益な効果が得られるように成功させたいですよね。

成功に導くための大切なポイントは、「失敗事例を参考に対策しておくこと」です。

この記事では、デジタルサイネージ導入の失敗事例と、失敗しないためのチェックポイントについてご紹介していきます。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージ導入の失敗事例
    1. 1.1.ふさわしくない設置場所
    2. 1.2.管理者を決めていなかった
  2. 2.デジタルサイネージ導入で失敗しないために事前にチェックすべき点
    1. 2.1.目的・ゴールを明確にする
    2. 2.2.効果的な設置場所を確保する
    3. 2.3.適切なサイズを決める
    4. 2.4.担当者を決める
    5. 2.5.コストの考慮
  3. 3.まとめ


デジタルサイネージ導入の失敗事例

デジタルサイネージを導入しても「思うような成果が出なかった……」と、悲しい事態に陥らないように、導入失敗事例を見てみましょう。

目立つ広告を作ることができなかった

デジタルサイネージは関心を集めやすい広告です。しかし、広告の内容や設置場所次第では効果や魅力を発揮することができず、失敗に終わってしまう可能性があります
興味関心を持ってもらえない要因として下記のような理由が挙げられます。

  • ターゲットを絞りきれていない
  • ディスプレイのサイズが不適切
  • 魅力的な映像配信ができていない
  • 目を惹くキーワードが入っていない

性別や年齢層、職業などターゲットを絞ることができれば、広告も作りやすく、効率的かつ効果的な集客が期待できます。
お店や会社の雰囲気を邪魔せず、目に付きやすい適切なディスプレイサイズの選び方も大切です。

ふさわしくない設置場所

多くの人の目を惹く場所に設置し、実際多くの人に見てもらうことができれば広告は大きな効果を発揮します。従来のポスターや看板よりも、現代技術を活用したデジタルサイネージは興味関心を持ってもらえるでしょう。

しかし、多くの人に見てもらうことのできない場所に設置しては、デジタルサイネージの持つ力を最大限発揮することはできません

管理者を決めていなかった

デジタルサイネージのメリットは、ネットワーク接続によってスマホやタブレットからリアルタイムでコンテンツ表示を変更できるという点です。

しかし、デジタルサイネージの管理者を決めずにいると、更新頻度が少なくなってしまう可能性があります。デジタルサイネージの持つ更新性の高さを活かせることができなければ導入が失敗に終わるケースも考えられます。

担当者や役割を決めて、どれくらいの頻度でコンテンツを更新していくのか、デジタルサイネージの特徴を最大限に活かせる環境整備を事前に整えておきましょう。


デジタルサイネージ導入で失敗しないために事前にチェックすべき点

デジタルサイネージを導入するうえで必要なことは、製品やサービスだけに頼りすぎず、良さを活かせるような設置場所や使用上のルールなど事前に考えて決めておくことです。
導入する前に、これから紹介するチェックポイントを確認するようにしましょう。

目的・ゴールを明確にする

デジタルサイネージを導入するにあたって、もっとも重要な点は「デジタルサイネージを導入してどうなりたいか」というゴールを明確にすることです。

どのような目的で、何をしたくて、何を売りたくて設置するのか、導入前にまずは目的や目標を明確にするとコンテンツ選びもスムーズに進みます。

  • 店頭に目立つサイネージを置いて店内へ誘導したい
  • 店内販促用におすすめ商品を紹介したい
  • 美しい風景を流して空間演出を行いたい

デジタルサイネージでできることは多岐にわたるため、目的・ゴールの策定から取り組むのがおすすめです。

効果的な設置場所を確保する

いくら魅力的な映像コンテンツを作れたとしても、人に見てもらうことができなければ意味がないと言えます。

つまり、効果を発揮するためには、多くの人の目に触れる設置場所を確保することが必要ということです。

理想の設置場所は人が集まる場所や人がよく通る場所、待ち合わせ場所など、通行人が無意識に広告を眺める環境です。

理想的な設置場所を事前に確保しておくことはとても重要なポイント。飲食店や雑貨店などで店頭にデジタルサイネージを設置したいと考えている場合は、設置しても問題ないか事前に確認しておきましょう。

適切なサイズを決める

表示するコンテンツ内容と適切な設置場所が決まったら、次はディスプレイのサイズを決めます。デジタルサイネージでは基本的に9インチから70インチまでサイズ展開も豊富です。設置する場所に最も適したサイズのディスプレイを選ぶようにしましょう

たとえば、人通りが多く、目立たなければ効果を発揮しない場所に小さなサイズのディスプレイを設置しても意味がありません。反対に店内販促用サイネージのサイズが大きすぎると店内を圧迫してしまいます。

適材適所のサイズがあるため、設置場所によって適切なサイズを選択することもデジタルサイネージの上手な活用方法のひとつです。

担当者を決める

表示するコンテンツや目的が決まっていても、それを管理したり配信したりする人間が決まっていなければ、いざというときにスムーズに対応できません。だれでも自由にできることも必要ですが、メインの担当者を決めておくと安心です。

デジタルサイネージのメリットであるリアルタイムの情報更新ができるように、コンテンツをだれが更新するかを事前に決めておくことで、導入後もスムーズに仕事を進められるでしょう。

コストの考慮

デジタルサイネージを導入する際の初期費用やディスプレイ購入代金などのイニシャルコストだけでなく、月々に必要なランニングコストを把握しておかなければ、導入してみたら費用が負担になってしまったということも起きてしまいます。

店舗運営を行っていくうえで効果に見合う出費なのかどうか、しっかりと事前にチェックしておくことが大切です。


まとめ

集客、マーケティング、空間演出など、初めてのデジタルサイネージ導入に不安に感じる方もいるでしょう。今回ご紹介した失敗を防ぐ事前チェックポイントを押さておけば、大きな効果や利益につながる力を発揮してくれるはずです。

ランドスキップが提供する、デジタルサイネージサービス“LOOOK(ルーク)”であれば、電子機器が苦手な方でもスマートフォン1台でオシャレなコンテンツを配信することができます。

200種類以上の空間演出コンテンツや100種類以上のデザインテンプレートなど、だれでも簡単にコンテンツを作るサービスが従事油しています。デザインスキルに自信がない方も悩まずおしゃれなコンテンツの作成が可能です。

ディスプレイやインターネット環境さえあれば利用料は月額4,980円(税抜)のみ。ディスプレイがない場合も、提携先の薄型モニターを格安で提供いたしますので気軽に導入することができます。

デジタルサイネージ導入に失敗したくないと思っている方は、まず“LOOOK”の1か月無料トライアルから検討してみてはいかがでしょうか。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください