ブログ記事一覧

catch-img

変えるなら今!アナログ広告とデジタルサイネージの決定的な5つの違い

街中や飲食店などの店頭に置かれているデジタルサイネージ。自社の宣伝などで利用することはできないかと考えている方は多いのではないでしょうか。

今までは紙媒体のポスターやチラシなどのアナログ広告を活用していたという方も、デジタルサイネージの仕組みやメリットを理解すれば乗り換えたいと思うはず。それほど、デジタルサイネージがもたらす効果は絶大です。

この記事では、従来のアナログ広告とデジタルサイネージの決定的な効果の違いについてわかりやすくご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.アナログ広告とデジタルサイネージ
    1. 1.1.アナログ広告とは
    2. 1.2.デジタルサイネージとは
  2. 2.デジタルサイネージとアナログ広告の違い
    1. 2.1.情報提供スピード
    2. 2.2.柔軟な対応
    3. 2.3.消費者を惹きつける力
    4. 2.4.他店との差別化
    5. 2.5.作業効率の向上とコストカット
  3. 3.まとめ


アナログ広告とデジタルサイネージ

従来のアナログ広告とデジタルサイネージの違いを説明する前に、まずはそれぞれの簡単な概要について解説します。

アナログ広告とは

アナログ広告とは、昔から一般的に活用されている紙媒体をはじめとした広告を指します。

  • チラシ
  • ポスター
  • 新聞広告
  • 交通広告

テクノロジーの発達によりデジタルサイネージといった新しい広告手法が生まれ、アナログ広告は一時的に減少しました。とは言え、いまだ有効な集客手段であり広告方法であることは変わりません。

自宅の郵便受けに届くチラシ、街中で見かけるポスター、新聞紙面に掲載されている広告、電車やバスの中吊り広告などが主なアナログ広告にあたります。

アナログ広告はターゲットを絞りきることが難しいため費用対効果が悪くなっているというのが現状です。

デジタルサイネージとは

電子機器を使って情報発信を行う電子看板のことをデジタルサイネージと呼びます

ターゲットを絞り的確な情報を発信することができるため、費用対効果の高い新時代の広告媒体として注目を集めています。

CCI(サイバーコミュニケーションズ)の調査によると、2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円で前年比113%、2023年には2019年比1.7倍の市場規模1,248億円になると予測されています。
街中のありとあらゆる場所で見られることからもわかるとおり、市場規模も毎年拡大しています。

出典:サイバー・コミュニケーションズ「CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施~2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し、2023年には1,248億円と予測~


デジタルサイネージとアナログ広告の違い

ここからはそれぞれの決定的な違いについて詳しく見ていきましょう。

情報提供スピード

アナログ広告とデジタルサイネージでは、タイムリーな情報を提供するスピードで大きな違いがあります

アナログ広告は一定期間同じコンテンツを表示し続けることが一般的です。たとえば、電車やバスの中吊り広告なども期間を決めて掲載するため、旬ではない情報が掲載されていることもあります。

一方、デジタルサイネージはコンテンツの変更が容易なため、常に新しい最新情報を発信することができます。常にタイムリーな情報を提供することで、従来のポスターや看板では対応できないスピード感で消費者の購買意欲促進につなげます。

柔軟な対応

表示しているコンテンツに対する柔軟な対応ができるかどうかも、アナログ広告とデジタルサイネージの大きな違いです。

たとえばデジタルサイネージはその日に何を表示させるか決めることができ、当日にすべてのコンテンツ表示を変更できます。

しかしアナログ広告の場合は、製造・印刷・貼り替えの時間が必要なため、いきなり広告内容を変更することはできません。

消費者を惹きつける力

消費者を惹きつける点にも差があります。デジタルサイネージは、限られたスペースで何パターンものコンテンツを動きや音声とともに紹介することができます。

ポスターの場合は平面の1パターンでしか表現できませんが、デジタルサイネージは静止画だけでなく動画やスライドショーなどでも表現できるため、目を惹きやすく多くの情報を伝えることが可能です。

アナログ広告では映像ほど具体的に伝えることができないため、集客という点で大きな差が出てくると言えるでしょう。

他店との差別化

同業他社との生き残り競争で勝ち続けるためには差別化が必要不可欠です。
デジタルサイネージは視認性が高いため、競合店の多い地域でも目立ちやすいでしょう。

また、広告や集客だけでなく空間演出としての活用も効果的です。映像による豊かな表現力で他店との差別化をサポートします

作業効率の向上とコストカット

紙媒体で作るチラシやポスターの場合、製造・印刷・掲示など、さまざまな工程が必要です。さらに、毎回用紙代や印刷代などのコストが必要になります。

しかしデジタルサイネージなら、紙や印刷にかかるコストをカットすることができ、制作や掲示の業務負担も解消します

デジタルサイネージは、複数のディスプレイを一括管理することが可能なため、拠点に足を運んで一つひとつ変更する必要はありません。業務効率化ができるという点でも、大きな違いがあります。


まとめ

従来の紙媒体で作るチラシやポスターは製造コストを低く抑えることができるという利点はあるものの、業務負担や費用対効果を考えると、デジタルサイネージに分があると言えます。

効率的に広告を打ち出すなら、新発想のデジタルサイネージ“LOOOK(ルーク)”がおすすめです。初めてのデジタルサイネージ導入に付きものである操作やデザインなどの不安もLOOOKなら解消してくれるでしょう。

LOOOKはスマートフォンを使える方なら簡単に操作が可能。100種類以上のテンプレートの中からお好みを選び、テキストと画像を挿入するだけでハイセンスなサイネージを配信することができます。

「アナログ広告を使っているけれど効果を実感できない」このような方は、LOOOKを導入してみてはいかがでしょうか。

株式会社ランドスキップがデジタルサイネージの導入をサポートします。詳しい資料や無料トライアルもご用意しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください