ブログ記事一覧

catch-img

ポスターで得られる販促効果と掲載するときの3つのコツを紹介

現代は、インターネットやSNSの普及にともない日々新しい情報を豊富に入手できる時代です。そのため、企業は今まで以上に販売促進(販促)を積極的に行っていくことが求められています。

多くの企業や店舗が利用している、消費者へ商品のアピール方法のひとつとして、ポスター掲載があります。ポスターは、手軽に行えることやコストが低いことから、比較的取り組みやすい販促です。適切なポスターなら売上アップが期待できるうれしい効果を得ることができます

本記事では、ポスター掲載による販促効果とその効果を上げるためのコツについて詳しくご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.ポスター掲載による販促効果は高い
    1. 1.1.イベントやセールの告知で集客アップ!
    2. 1.2.おすすめ商品や新商品の詳細を記載しプラス効果をねらう
    3. 1.3.流行やニーズに合わせて柔軟にアピールできる
  2. 2.ポスター掲載の効果を上げるコツ
    1. 2.1.目に付きやすいデザインやキャッチコピーを考える
    2. 2.2.目立つ場所に貼り出す
    3. 2.3.ポスターだけで完結しない
  3. 3.アナログ販促からデジタル販促の時代へ
  4. 4.まとめ


ポスター掲載による販促効果は高い

店の前を歩いている人や店内に訪れたすべてのお客様にスタッフが店舗やメニューのアピールを行うことは難しいでしょう。

しかし、ポスターを店内や店頭に掲載することで、スタッフの代わりに店舗の特徴や販売している商品の詳細、メニューについて詳しく紹介してくれる存在となります。

これからは、ポスターを掲載することで得られる効果について詳しくご紹介していきます。

イベントやセールの告知で集客アップ!

店舗のイベント情報や商品のセール情報をポスターで告知することで、集客アップにつなげることができます

店頭で店舗のアピールを行って店内へと誘導するだけでなく、店内に来てくれたお客様に次回のイベントの情報を配信する流れを作ることができれば、再来店の可能性も高まるでしょう。

飲食店では、集客数が増えることは売上アップに直結するため、とくに有効的な手段です。小売店でもまずは店舗に足を運んでもらうことを目標に取り組むことが大切です。

おすすめ商品や新商品の詳細を記載しプラス効果をねらう

おすすめ商品や新商品の詳しい情報をポスターで紹介することで、購買意欲を高めて客単価を上げることができます。

客単価を上げるには、購入予定だった商品よりも上のランクの商品を買ってもらう“アップセル”、目的の商品にプラスしてほかの商品の購入も促す“クロスセル”の2つの方法があります。どちらもポスター掲載で商品のアピールを行うことで効果を得ることができます。

流行やニーズに合わせて柔軟にアピールできる

販促方法のなかでも、ポスターは比較的作りやすく低コストで済みます。そのため、世間の流行や消費者のニーズに合わせて柔軟に対応しやすい良さがあります

まずはポスター掲載でターゲットや時期、シチュエーションなどに合わせた細かいプロモーションを行い、後々大々的に販促を行うという方法にすることで、消費者の購買意欲が下がる前に店舗や商品のアピールを行うことができます。


ポスター掲載の効果を上げるコツ

ポスターは工夫次第で大きく効果が変わります。どうすれば店内に入りたくなるのか、どうすれば商品を買いたくなるのかを考えながら作成することがが必要です。

では、効果的なポスターの作成方法と掲載時のコツについて解説します。

目に付きやすいデザインやキャッチコピーを考える

ポスターは消費者の目に付きやすく、関心をもってもらえるデザインであることが大切なポイントです。どれだけ良い内容の情報を提供しても読んでもらえなければ意味がありません。

シンプルでわかりやすいデザインと興味を引くキャッチコピー、この2つを上手く組み合わせることでポスターの効果を最大限に引き出すことができます。店舗のイメージや商品、ターゲット層に合ったデザインにすることもポスター作成のコツです。

目立つ場所に貼り出す

イベントやセールであれば通りすがりの人を引きつけるような目立つ場所に貼りましょう。
入り口付近や店内に入ってすぐの場所など、目に付きやすい場所がおすすめです。

路上に貼る場合は、目線よりもやや下にすることで移動中でも目に付きやすくなります。
あえて連続で同じ内容のポスターを掲載するのもさらに大きなアピールになります。

ポスターだけで完結しない

ポスターには見た人が告知されている情報の続きを知りたくなるような内容にし、WebサイトやSNSなど別の媒体へつなげることもコツのひとつです。

WebサイトやSNSなどに誘導することができれば、さらに詳しくアピールすることができるため、興味関心をもってもらえるきっかけとなるでしょう。

そのためには、わかりやすいWebサイトの作成や管理、SNSでのこまめな情報発信などが必要です。情報化社会を勝ち抜くためには常に新しい情報を発信し続けることが求められます。


アナログ販促からデジタル販促の時代へ

ポスターのようなアナログ販促でもデザインや掲載場所を工夫することで、集客アップにつなげることができます。

しかし、新しい情報を発信するためにはデザインを作り直して貼りなおす作業が必要です。
イベントやキャンペーンに合わせて作り直したり、一緒に並ぶポスターに負けないように毎回デザインにこだわったりと、一枚のポスター作成にも多くの手間がかかります。

効果が高いポスターを作成するにはセンスも問われるため、店舗によって効果にバラつきが生じる可能性もあります。

そこでおすすめなのが、株式会社ランドスキップが提供している体験型デジタルサイレージのLOOOK(ルーク)です。

設置工事も不要。テキストや画像を入力するだけという簡単操作でデザインすることができるため、だれでも気軽に導入することが可能です。また、100種類以上のテンプレートから好みのものを選び、デザイン性が高い広告やメニューを自動で作成することもできます。

デジタルサイネージは、専門的な知識がなくてもハイセンスなディスプレイで情報発信することができるため、ポスター以上に高い販促効果を得られるでしょう。


まとめ

現代社会では、消費者はSNSやテレビ、動画など多くのコンテンツで簡単に情報を入手することが可能です。運営側もさまざまな媒体を駆使して店舗や商品のアピールを行うことが求められているなか、ポスターの掲載は効果的な方法と言えます。

しかし、ポスターの場合は維持管理が煩雑になりがちなうえ、ほかの大勢にまぎれて目立たないこともあります。

「思うように売上が上がらない」「普段の広告に納得していない」とお悩みの運営者様はデジタルサイネージの導入を検討してはいかがでしょうか。
LOOOK”なら初月無料のトライアルも開催中です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください