ブログ記事一覧

catch-img

アートポスターでイベント感を演出!店舗に影響を与える6つの効果

店舗をより魅力的にするためには、店舗のコンセプトを明確にして分かりやすく伝えることが重要です。

コンセプトを明確に打ち出す方法には、レイアウトやディスプレイの変更などが挙げられますが、大幅な変更が困難な場合もあります。

このような場合は、お客さまの目につきやすい場所に店舗のイメージを伝える"アートポスター”を飾ることがおすすめです。

個性があふれるアートポスターを季節やその日の気分に合わせて飾ることで、店舗のコンセプトを伝えやすくなります。

本記事では、アートポスターを店舗に飾ることで得られる効果や導入する際の課題について詳しくご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.アートポスターを掲載する6つの効果
    1. 1.1.イベント感を演出することができる
    2. 1.2.店舗の印象をよくすることができる
    3. 1.3.記憶に残る店舗にすることができる
    4. 1.4.スタッフの生産性を高めることができる
    5. 1.5.採用活動に役立てることができる
    6. 1.6.リラックス効果を高めることができる
  2. 2.アートポスターの効果をさらに高めるためには
    1. 2.1.多くの人の目に留まる場所に掲載する
    2. 2.2.何枚も貼る
    3. 2.3.破損・劣化を防止する
    4. 2.4.照明を使う
  3. 3.アートポスターは色を使った空間演出にも活用できる
  4. 4.アートポスターを導入する際の課題
    1. 4.1.デザイン性が高いものは高価
    2. 4.2.イベントごとに変更するのは手間になる
    3. 4.3.気に入ったアートポスターを探すのは大変
  5. 5.アートポスターはデジタルサイネージを活用しよう
  6. 6.まとめ


アートポスターを掲載する6つの効果

アートポスターは、飾るだけでお店の雰囲気を大きく変えることができるため、店舗デザインにおいても有効な施策です。センスのよい空間を演出するほか、来店動機の促進、売り上げや集客数の向上も期待できます。

では、アートポスターを店舗デザインに導入した店舗では、どのような効果が得られているのでしょうか。以下で具体的に解説します。


イベント感を演出することができる

店舗では、季節やイベントに合わせてディスプレイを変更することが一般的です。店内でもっとも目につく場所に特設コーナーを設置し、季節の装飾やPOPをつくってイベントを盛り上げるという店舗がほとんどでしょう。

大きな窓がある路面店などは、メインの島※1を設置することで通りからもお客様の目につきやすく「いま何を打ち出しているのか」を分かりやすく伝えることができます。

しかし、店内のスペースに余裕がない店舗では、棚什器を使用してコーナーを設置することが多いため、場所によってはせっかくのイベントを訴求できないこともあります。

アートポスターなら壁を活用するため、狭い店内でも効果的に装飾することが可能です。

普段とは違う雰囲気を演出することで、「この時期だけのイベント」だと伝わります。期間限定という特別感は購買動機を後押しします。しっかりと特別感を演出することは有効な販促の一つといえるでしょう。

※1・・・商品陳列のための平台の什器のこと


店舗の印象をよくすることができる

思わず撮影したくなるような店舗デザインやレイアウトは、お客さまによい印象を与え、認知度アップや集客数の向上が期待できます。

最近は、インターネットやSNSの普及で、来店前に商品やサービス、店舗情報を調べることが当たり前の時代です。SNSで情報発信を行っている店舗も多く、店舗や商品の画像を撮影してSNSにアップするよう、お客さまに促しているケースも少なくありません。

インターネットやSNSで情報を拡散させることは、現在の販促において重要な方法の一つ。とくに若年層のSNSユーザーは、毎日何枚もの画像を投稿してほかのユーザーと共有することが多いため、よりセンスがよい画像や印象深い画像の撮影にこだわりがあります。

アートポスターを導入すれば、店舗の印象や雰囲気をよくすることが容易になります。また、フォトジェニックな店舗はSNSでも共有されやすく、お客さまの来店を促すことができるでしょう。


記憶に残る店舗にすることができる

アートポスターのなかでも、デザイン性が高い作品やサイズが大きな作品は、飾るだけで強烈な印象を与えます。そのため、訪れた人の記憶に残る店舗にすることが可能です。印象に残ればリピーターになる可能性も高まり、来店頻度の向上につながります。

しかし、来店頻度が高くてもお店から離れてしまうお客さまが多ければ、継続的な売り上げは望めません。

何度も店舗に足を運んで貰うためには、店舗に来やすい雰囲気をつくるだけではなく、「また来たい」と思って貰えるようなサービスや工夫で、店舗のファンにすることが重要です。

その方法として、定期的にアートポスターを交換するのも一つの手。「この間とは違うポスターが貼ってある」「次はどんなポスターだろう?」などと、お客さまの関心を引くことで、次の来店につながります。


スタッフの生産性を高めることができる

アートポスターを鑑賞すると、感性が刺激されてイノベーションを喚起することが期待できます。

新しいアプローチの方法や新商品のアイデアが湧き、スムーズに業務を進めるきっかけになることもあるでしょう。

業務を効率よく行うことで、結果的に生産性の向上につながります。


採用活動に役立てることができる

おしゃれでデザイン性の高い空間は、採用活動でも有利に働きます。

センスのよい空間で仕事をしたいと考えるワーカーも多いため、小売店や飲食店などの店舗だけでなく、一般企業でアートを取り入れているケースも多く見られます。

アートポスターはブランディングによい影響を与え、価値観の近い人材の確保につながります。


リラックス効果を高めることができる

アートポスターを掲載すると、リラックス効果を高めることも可能です。

美しいアートは、じっくりと鑑賞しなくても、視界に入っているだけで心地よさを感じさせます。

アートポスターでリラックス効果を高めることで、スタッフや従業員のストレス軽減効果が期待できます。



アートポスターの効果をさらに高めるためには

アートポスターは店舗の演出においても欠かせない販促物といえます。その効果をさらに高めるためには何をすればよいのでしょうか。


多くの人の目に留まる場所に掲載する

アートポスターは貼る場所も大切です。できるだけ多くの人の目に止まる場所に掲載します。多くの人の目に留まりやすい場所として、たとえば出入り口の正面が挙げられます。

お客さまのなかには初めてのお店に不安と期待を持って訪れる方も多いです。出入り口から見える部分だけで、「自分のニーズを満たせるのか」「リラックスして利用できるのか」などを観察するケースも少なくありません。そのため、出入り口の正面は重要なエリアといえます。

出入り口正面に、店舗のイメージが分かるようなアートポスターを掲載すると、よい第一印象を与えることが可能になります。


何枚も貼る

シンボルとなるようなアートポスターを一枚だけ掲載するのは、そのポスターを際立たせるという目的においては有効です。

ただし、アートポスターは店舗デザインの手段の一つ。複数のアートポスターをさまざまな場所に貼ることで、より店舗のイメージを伝えられます。

作者やテーマ、時代、色などで共通項を持たせると、統一感を得られます。


破損・劣化を防止する

どれほど価値の高いアートポスターでも、古びたり破損したりしていては魅力が半減してしまいます。額縁やポスター用のパネルを活用するとつねにきれいな状態を維持することが可能です。

ただし、照明器具や太陽の光などで色あせが起こることもあります。

色あせを防止するには、紫外線が当たらないようにするのが不可欠。室内で紫外線を防止するためには、照明を蛍光灯からLED灯に変更したり、窓に紫外線防止フィルムを貼ったりする方法があります。


照明を使う

アートポスターをじっくり見たいと思っているお客さまにとって、「暗くてよく見えない」というのはストレスの要因になります。展示用のスポットライトや、ライトパネルを活用すると、ポスターが明るくなり、とくに暗めの店内で効果を発揮します。その際は劣化防止を考慮し、紫外線を発しない製品を選びましょう。



アートポスターは色を使った空間演出にも活用できる

「アートポスターを飾りたいけれど選び方が分からない」という場合は、色のもたらす効果を軸に選択するのも一つの方法です。色には、イメージや雰囲気、感情などを呼び起こす効果があるとされており、デザインに活かすことでそのイメージを正しく伝えることが可能になります。

人々に与える印象は空間演出に活用することができるため、店舗デザインを考えるうえでも参考にされます。

以下では、色が喚起させるイメージを紹介します。


赤は「情熱」「興奮」「活力」などのイメージを喚起させる色です。

見る人にパワーを与え、元気なイメージにしたいときに適しています。


橙(オレンジ)

橙は、「陽気」「暖かみ」「明るい」などのイメージを喚起させる色です。

親しみがあるイメージやエネルギー、開放感を感じるようなイメージにしたいときに適しています。


黄は「元気」「太陽」「無邪気」などのイメージを喚起させる色です。

幸福なイメージや楽しいイメージにしたいときに適しています。


緑は「森林」「調和」「癒し」などのイメージを喚起させる色です。

安らぎのあるイメージや健康的なイメージにしたいときに適しています。


青は「知性」「爽快感」「落ち着き」などのイメージを喚起させる色です。

クールなイメージや爽やかなイメージにしたいときに適しています。


紫は「気品」「優雅」「神秘」などのイメージを喚起させる色です。

上品なイメージや高貴なイメージにしたいときに適しています。


ピンク

ピンクは「幸福」「愛情」「かわいらしさ」などのイメージを喚起させる色です。

女性的で優しいイメージや華やかなイメージにしたいときに適しています。


白は「光」「清潔」「純粋さ」などのイメージを喚起させる色です。

清潔で汚れのないイメージや明るいイメージにしたいときに適しています。


グレー

グレーは「真面目」「大人」「都会的」などのイメージを喚起させる色です。

落ち着いたイメージやモダンなイメージにしたいときに適しています。


黒は「威厳」「重厚感」「高級感」などのイメージを喚起させる色です。

強いイメージや洗練されたイメージにしたいときに適しています。



アートポスターを導入する際の課題

アートポスターは店舗にとってさまざまな効果をもたらしてくれる販促物の一つ。しかし導入する際にはいくつかの課題があるため、導入には上手に乗り越えていくことが求められます。

どのような課題があるのかチェックしてみましょう。


デザイン性が高いものは高価

目立つポスターであれば、何でもいい訳ではありません。店舗の印象をよくしてくれるようなアートポスターが望ましいでしょう。

しかし、デザイン性が高い作品や、有名な画家やデザイナーの作品は高価になりやすく、コストがかかってしまうこともあります。コストを重視しすぎると店舗のイメージにそぐわない作品を選ぶことも考えられます。

アートポスターは定期的に交換することで、季節感やイベント感を訴求する効果を発揮するため、継続して取り組むことも重要。効果とコストのバランスを考慮して選びましょう。


イベントごとに変更するのは手間になる

同じアートポスターを飾り続けることも店舗の特徴づけには一定の効果が期待できます。

しかし、経年劣化で傷んでしまうと、購買意欲や店舗のイメージは低下してしまう恐れがあります。そのため、上述のとおり店舗の“顔”となるポスターだけでなく、イベントや季節などに合わせてアートポスターを交換することが望ましいでしょう。

小売業の現場では、年間を通して多くのイベントがあり、トレンド商品や新商品の発売などで枚挙にいとまがありません。そのため、状況に応じてアートポスターを変更したり、複数のアートポスターや額縁を管理したりするのは大きな負担になります。


気に入ったアートポスターを探すのは大変

アートポスターはネットショップをはじめ、専門店やギャラリー、美術館などで販売されていますが、種類が多く気に入ったアートポスターを探すのは簡単なことではありません。

自分でデザインしオーダーするという方法はあるものの、納品までには時間もかかります。そのため、定期的にオーダーするのは難しいといえます。

お気に入りの一枚を見つけにくいばかりか、見つけられても定期的に入手するのはさらに困難というのが現状です。



アートポスターはデジタルサイネージを活用しよう

アートポスターを掲載すると、イベントや季節の訴求が容易になり、記憶に残る店舗にすることが可能です。また、アートポスターの色が与える印象は空間演出に活用でき、手軽に雰囲気を変えたいときにも適しています。

ただし、アートポスターは気に入った一枚を見つけることが難しく、定期的に入手するのはコストもかかります。

こうした課題を解消してアートポスターを導入するならデジタルサイネージの活用がおすすめです。

株式会社ランドスキップの提供する“LOOOK(ルーク)”は、季節やイベントに合わせた風景写真、デザイン性が高いデジタルアートなど200種類以上のなかからその日の気分に合わせて変更することができるデジタルサイネージ。

ディスプレイに表示するアートはスマートフォンで簡単に変更でき、専用のPCや特別なスキルは不要です。利用料金も定額のため、何種類のアートポスターを表示しても金額は変わりません。

また、デジタルサイネージは明るい光と映像で視認性が高く、薄暗い店内でもアートをくっきりと表示します。一台のデジタルサイネージで複数のコンテンツを次々に表示できるため、アートポスターに加えてイベントやセールの案内などのコンテンツを組み合わせることも可能です。

さまざまなアートやコンテンツを楽しめ、来店したお客さまを飽きさせることもありません。さらに音楽を組み合わせることが可能なため、買い物や会話を妨げずに心地よい空間や時間を演出できます。



まとめ

アートポスターは飾るだけでお店の雰囲気を大きく変えることができるため、店舗デザインに取り入れたい施策の一つです。

アートポスターの効果を引き出すためには、多くの人の目に留まる場所に掲載し、維持管理や定期的に差し替えることが必要とされます。

しかし、アートポスターは種類が豊富です。知名度の高い作者の作品やデザイン性の高い作品はコストがかかるため、イメージに合う作品を入手するのできないことも考えられます。

「コストを抑えて簡単にアートポスターを導入したい」「貼り替えの負担を減らしたい」「いま掲示しているポスターの劣化が気になる」このようなお悩みをお持ちの方は、LOOOKの導入を検討してはいかがでしょうか。

ご興味がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

今なら無料トライアル実施中!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください