ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージのサイズ別おすすめ活用方法3選

広告に限らずさまざまな映像コンテンツを配信することができるデジタルサイネージ。設置する場所に適したサイズのデジタルサイネージを設置することで高い効果を発揮します。

この記事ではデジタルサイネージのサイズ選びに悩んでいるという方のために、適したサイズ選びの方法とその重要性、サイズ別のおすすめ活用方法についてわかりやすく解説していきます。


目次[非表示]

  1. 1.適切なサイズを選ぶ重要性
    1. 1.1.ユーザーが見なければ意味がない
    2. 1.2.ユーザーとの距離を考える
  2. 2.サイズ別おすすめ活用方法
    1. 2.1.10~20インチの小型サイズ
    2. 2.2.40~50インチの中型サイズ
    3. 2.3.50インチ以上の大型サイズ
  3. 3.まとめ


適切なサイズを選ぶ重要性

以下では、適切なサイズを選ぶ重要性について解説します。
対象となるターゲットに見てもらえなければ効果を発揮しないため、ユーザーとの距離を考えて適切なサイズを選択する必要があります。詳しく見てみましょう。

ユーザーが見なければ意味がない

デジタルサイネージ最大のメリットは視認性の高さです。高輝度の液晶パネルやLEDパネルのディスプレイを使っているため、従来の紙で作ったポスターや看板とは違い、多くの人の目を惹くことができます。

インパクトの強いコンテンツを情報発信できるほか、静止画だけではなくスライドショー、動画、音声、音楽など、さまざまなアプローチができるのもデジタルサイネージの魅力です。

しかし、いくらインパクトの強いコンテンツを配信しても、ターゲットが見なければ意味がありません。ターゲットとなるユーザーが見やすいような適切なサイズのディスプレイを設置することで効率的なアピールができるようになります。

ユーザーとの距離を考える

その場所にもっとも適したサイズを選ぶことも重要です。設置場所とユーザー間にどの程度の距離があるのかを考えましょう。

ターゲットとの距離とデジタルサイネージのサイズが適切でなければ視認性が悪くなり、最大限に効果を発揮することができません。ターゲットとの距離が近いのに大型サイズのデジタルサイネージを使用してしまうと、逆に見づらくなる場合もあります。

ターゲットとなるユーザーがデジタルサイネージを見る場所をあらかじめ想定し、適切なサイズのデジタルサイネージを設置することもとても重要です。


サイズ別おすすめ活用方法

前章で触れたとおり、ターゲットとなるユーザーとの距離の想定は、視認性にも深く関わります。

デジタルサイネージには卓上に置けるような小型サイズから壁面に設置するような大型サイズまで、大きさや形もさまざまなサイズがあります。
ここからはサイズ別のおすすめ活用方法をご紹介します。

10~20インチの小型サイズ

10~20インチの小型サイズのデジタルサイネージは店内販促用に使うことがおすすめです。

  • おすすめ商品の近くに設置してPR映像を配信
  • 飲食店のテーブルに設置して旬の食材を使ったメニュー映像を配信
  • レジに設置して季節商品やお買い得商品のPR映像を配信

小型サイズのデジタルサイネージはターゲットとの距離が近いため、10~20インチ程度の小型サイズでも視認性は問題ありません。

デジタルサイネージをおすすめ商品の近くにPOPとして設置すると、音と映像で商品の魅力や特徴を詳細に説明することができるため、より効果的にユーザーの購入欲求を刺激することが可能です。

40~50インチの中型サイズ

40~50インチの中型サイズは、比較的によく目にするサイズです。店舗の外に設置して道行く人へお店の宣伝や誘導をする目的で利用することをおすすめします。

  • 店頭に設置して空席状況やおすすめメニュー映像を配信
  • インパクトある映像を流して通行人の足をとめる
  • 店内に設置して季節感のある映像を配信

飲食店や小売店にとって、たまたま店の前を通る人へのアプローチは新規客を獲得するうえでは見逃せません。

40インチから50インチの中型サイズは繁華街でも視認性が高く存在感があります。店内で空間演出をする際にもインパクトを与えられるサイズとも言えるでしょう。

50インチ以上の大型サイズ

50インチ以上の大型デジタルサイネージは、大型商業施設やターミナル駅など、人通りが多いパブリックな場所に設置するのが一般的です。

ターゲットとなる人の多くが、移動中ということを想定するなら、50インチ以上の大型サイズが望ましいでしょう。大きなサイズを活かせる目立つコンテンツを発信すると、より効果が期待できます


まとめ

デジタルサイネージ最大の利点は視認性の高さです。しかし、その利点を最大限に発揮するためにはサイズ選びがとても重要と言えます。

株式会社ランドスキップが提供する“LOOOK(ルーク)”は、ディスプレイを持っていないという方にもおすすめです。適切なサイズのディスプレイを格安で入手することができます

思い立ったときにすばやくコンテンツの切り替えができるため、いつでもタイムリーな情報発信が可能です。

デジタルサイネージの導入をご検討なら、ぜひ株式会社ランドスキップにご相談ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください