ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージを店頭に置く3つのメリットと集客効果をあげる活用方法

飲食店や小売店にとって新規客を獲得するために避けては通れないのが、偶然お店の前を通る人へのアプローチです。

通行人の目を惹くことは非常に重要。足を止めてもらえなければ新規来店にはつながらないため、新規顧客を獲得することはできません。

デジタルサイネージは視認性が高いため、新規顧客を獲得しやすくなります。

この記事では、デジタルサイネージを店頭に置くことで得られるメリットと、集客効果をあげるための活用方法についてわかりやすく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージを店頭に置くメリット
    1. 1.1.視認性が高いので顧客獲得につながりやすい
    2. 1.2.入店する理由を与える
    3. 1.3.伝えたい情報をリアルタイムで配信可能
  2. 2.店頭に置いたデジタルサイネージで集客効果をあげるコツ
    1. 2.1.店内の雰囲気を紹介
    2. 2.2.イベントやキャンペーン告知
    3. 2.3.多言語表示でターゲット拡大


デジタルサイネージを店頭に置くメリット

飲食店や小売店が新規客を獲得するためには、道行く人の関心を得て、来店意欲を高めることが非常に重要です。

ここからは、デジタルサイネージを店頭に設置することで得られるメリットを解説します。

視認性が高いので顧客獲得につながりやすい

デジタルサイネージは発色が良く視認性に優れているため、効率的に通行人の目を惹くことができます。

情報過多の時代、多数の競合のなかで目立つことは簡単ではありません。
デジタルサイネージは、発色の良い映像だけでなく動きや音で人々の関心を寄せることができるため、新規顧客の獲得に有効といえるでしょう。

入店する理由を与える

デジタルサイネージは限られたスペースで多くのコンテンツを配信できることも魅力です。スペースを上手に活用して通行人が思わずお店の前で足を止めてしまうような情報発信も可能になります。「空席があるし店内もオシャレだから入ってみよう!」「タイムセールで安くなっているから今のうちに買っておこう!」など、通行人の足を止めることさえできれば、入店するきっかけにもつながるでしょう。

飲食店であれば、店頭に設置したデジタルサイネージで空席状況やお店の雰囲気を伝えたり、小売店であればタイムセールで安くなっている商品をPRしたりと業種や内容を問わず効果的なアピールができます。

入店する理由を与え、入店しやすい環境を作ることができる点がデジタルサイネージの大きなメリットのひとつです。

伝えたい情報をリアルタイムで配信可能

従来の紙で作ったポスターや看板を店頭に掲載している場合、今すぐ発信したい情報に内容を変更するのは困難でしょう。

しかし、デジタルサイネージならどこからでも簡単に表示コンテンツを変更することが可能です。

飲食店であれば朝はモーニング、昼はランチ、夜はディナーと時間帯で異なるおすすめメニューを配信、小売店なら今の天候や気温で異なるおすすめ商品のPR映像を配信など柔軟に情報発信を行うことが可能となります。

時間帯や天候により通行人の訴求対象は変化しているため、変化に合わせた適切なタイミングで情報発信できるのもデジタルサイネージならではといえます。


店頭に置いたデジタルサイネージで集客効果をあげるコツ

目を惹く宣伝で通行人の関心を得て、効率的にアピールできるデジタルサイネージ。

しかし、ただ店頭に置いているだけでは大きな効果を発揮することはできません。集客力をあげるためには発信するコンテンツの内容も非常に重要になります。

ここからは、デジタルサイネージで集客効果をあげるためのコツについて見てみましょう。

店内の雰囲気を紹介

店内の雰囲気や内装を映像として配信すると、初めてのお店へ入店するときの入りづらさを解消します。

たとえば地下にあるお店の場合はお店の雰囲気が外からは見えません。初めて入店する方にとっては多少の不安があります。

しかし、事前に店内の雰囲気や内装を知ることができれば、「どのようなお店かわからない」といった不安を解消し、入店へスムーズに導けるでしょう。

イベントやキャンペーン告知

集客効果をあげるためには来店意欲を促進させることがとても重要です。

店頭に設置したデジタルサイネージで店内イベントや割引キャンペーンの告知PR映像を流すと、「今ならお得」というユーザーの購買意欲を促進することができ、入店のきっかけにつながります。

多言語表示でターゲット拡大

年々、海外からの観光客や労働者が増加している日本では、外国人向けのアプローチも忘れてはいけません。とくに観光客が多い地域では外国人を取り込むことで売上アップにつながります。

デジタルサイネージで配信するコンテンツを多言語表示すれば、日本語がわからない外国人へもお店の特徴や魅力を伝えることができるようになります。


まとめ

デジタルサイネージは店頭に設置することで道行く人の目を惹き、魅力的なコンテンツで新規来店へとつなげます。まずは足を止めなければ通行人を新規客にするチャンスも作れないため、通行人へのアプローチ方法としてデジタルサイネージはとても有用です。

デジタルサイネージを今まで一度も使ったことがないという方でも簡単に利用できるのが、株式会社ランドスキップが提供する“LOOOK(ルーク)です。

100種類以上のテンプレートから用途に応じてデザインを選び、テキストや画像を入力するだけでコンテンツの作成は完了。簡単作業でハイセンスなサイネージを配信することができます。

今なら1か月の無料トライアルも実施されているため、デジタルサイネージを試してみたいという方にもピッタリです。

新規顧客の獲得や集客にお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください