ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージの導入事例!飲食店で活用する際の6つのポイント

現在、多くの場所で使用されているデジタルサイネージの活用法は多岐にわたり、幅広いシーンでその力を発揮しています。

なかでも、飲食店は競合も多いため積極的な導入が進んでいるため、街中で目にすることも多いです。

飲食店でデジタルサイネージを活用するならポイントを押さえて、より高い効果を発揮しましょう。

この記事では、飲食店での活用事例とデジタルサイネージ導入の際に押さえておきたい6つのポイントをご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.飲食店がデジタルサイネージを導入するメリット
  2. 2.飲食店でのデジタルサイネージ導入事例
    1. 2.1.カフェ・レストラン
    2. 2.2.居酒屋
    3. 2.3.地下や2階以上にある店舗
  3. 3.飲食店でデジタルサイネージを活用する際のポイント
    1. 3.1.目に留まるコンテンツにする
    2. 3.2.調理方法や産地の動画を配信
    3. 3.3.設置場所の工夫
    4. 3.4.空間演出で唯一無二の世界に
    5. 3.5.写真や文字は大きく内容は簡潔に
    6. 3.6.内容は適切であるか
  4. 4.まとめ


飲食店がデジタルサイネージを導入するメリット

飲食店がデジタルサイネージを導入するメリットは多岐にわたります。主なものを見てみましょう。

  • インパクトがあるコンテンツで顧客の目を惹くことができる

  • 来店理由を与え店内へ誘導できる(新作・季節のメニュー、空席情報、タイムセール情報など)
  • コストや業務負担を削減できる
  • リアルタイムな情報を発信できる

紙媒体のポスターやブラックボードなどを使用しているものの、思うように広告効果を感じられないという場合には、とくにデジタルサイネージの導入がおすすめです。


飲食店でのデジタルサイネージ導入事例

ここからは飲食店でのデジタルサイネージ導入事例についてご紹介します。

デジタルサイネージは業態や店舗のある場所にかかわらず、さまざまなシーンで柔軟に活用することができます。

カフェ・レストラン

カフェやレストランの場合、店外にデジタルサイネージを設置すると、モーニング・ランチメニューや季節のメニューなどのおすすめをアピールすることができます。

また、お客様が少ないときには「空席あり」と表示することで集客にもつなげることが可能です。

たとえば、焼肉店なら、ジュージューとお肉を焼くシズル感たっぷりの動画を流すのも有効です。音や映像でアピールすると、より臨場感が高まります。

居酒屋

ハッピーアワーや時間限定の割引情報などリアルタイムな情報を発信することができます。

多くの店舗があるチェーン店の場合、グループ全体でキャンペーンやサービスを行うことが多いでしょう。販促物が配布されればまだしも、自店で用意するのは負担になります。

デジタルサイネージなら多拠点の端末も本部からの操作で一括更新できるため、コストや手間もかかりません。

地下や2階以上にある店舗

店内が見えない地下や2階以上にある店舗の場合、通行人の目につく場所にデジタルサイネージを設置すると、店内の様子を伝えることができます。

通常なら店の存在に気づくことなく通り過ぎてしまう通行人の目にも、デジタルサイネージなら目にとまりやすくなるため、新規顧客の獲得にもつながります。


飲食店でデジタルサイネージを活用する際のポイント

デジタルサイネージはただ設置するだけでなく、ポイントを押さえることが大切です。
ここからは、飲食店でデジタルサイネージを活用する際のポイントを解説します。

目に留まるコンテンツにする

通行人は、すべて自店の顧客になるかもしれない「見込み客」です。デジタルサイネージで配信するコンテンツは、通行人の目に留まる内容にすることが重要です。

デザインはもちろん、通行人が欲しい情報を得られるように工夫しましょう。

調理方法や産地の動画を配信

通常、すべての顧客に調理方法や料理に使われている食材について詳しく説明するのは難しいでしょう。

飲食店では、提供しているメニューが生まれるに至った背景やこだわりを伝えることで付加価値が生まれます。
また、調理方法や産地の動画を配信すると、食の安全性に対する安心感を与えることができるほか、味への期待感を高めることもできます。

設置場所の工夫

デジタルサイネージに限らず、広告は設置場所が非常に重要です。

どのような位置・角度なら目立って通行人の視界に入るのか、立ち止まって見てもらえるのかなどを考え、最適な場所に設置しましょう。

空間演出で唯一無二の世界に

今、特別なコンセプトを持ったカフェやバー、レストランなどが数多く誕生しています。とくに、空間演出を重要視した店舗ではデジタルサイネージが積極的に活用されています。

デジタルサイネージは、店舗のコンセプトを表現しやすいため、圧倒的な空間演出で経験を特別なものにすることが可能です。顧客に感動を与えることで、顧客満足度に貢献し、集客力やブランド力の向上にもつながります。

写真や文字は大きく内容は簡潔に

離れた場所から見てもわかるよう、写真や文字は大きめにしましょう。

当然のことながらターゲットは全員が移動中の通行人です。デジタルサイネージを見るのも、店の前を通過する数秒間になります。そのため、表示させるコンテンツ内容をわかりやすくすることも大切です。

通行中でも人の記憶に残れば、次の来店が期待できます。

内容は適切であるか

表示させているコンテンツ内容が自店舗とマッチしているかも考慮しましょう。

商品や業態、店の魅力をアピールすることができているか、混乱させるような内容やわかりにくい内容になっていないかなど注意が必要です。

  • メニュー
  • 価格
  • セールスポイント
  • 業態
  • 店内の雰囲気

コンテンツの内容と違うことがないよう、表示する情報はしっかりと見直しましょう。また、出店している場所や地域の特性を考慮することもポイントです。

たとえば物価の高い地域であれば「価格」をアピールすることで他店との差別化が図れます。店舗の置かれている環境をしっかりと分析し、ターゲットが求める情報を発信すると、より高い効果が期待できるでしょう。


まとめ

新規顧客の獲得はほとんどの飲食店によって重要なテーマです。

新規顧客を獲得するためには、まずは知ってもらうこと。SNSを使用した集客にも効果が期待できますが、実際に店舗に足を運んでもらうためにはわかりやすさも大変重要です。

LOOOK(ルーク)”は、マニュアル不要で直感的な操作ができるデジタルサイネージです。

思い立ったときにリアルタイムでコンテンツ配信を行うことができるため集客したいタイミングを逃しません。

柔軟な情報発信と空間演出を同時に実現するデジタルサイネージをお探しでしたら、ぜひ一度LOOOKの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください