ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージで活用するコンテンツは4種類!特徴と活用シーン

美しいディスプレイに広告内容を映し出し、顧客に強く訴えかけることができるデジタルサイネージ。その効果を最大限に引き出すためには自店舗にマッチする適切なコンテンツを選択する必要があります。

この記事ではデジタルサイネージのコンテンツの種類とそれぞれの特徴・活用シーンについてご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージのコンテンツの種類
    1. 1.1.静止画コンテンツ
    2. 1.2.動画コンテンツ
    3. 1.3.Webコンテンツ
    4. 1.4.音声コンテンツ
  2. 2.デジタルサイネージのコンテンツ選びのポイント
  3. 3.まとめ


デジタルサイネージのコンテンツの種類

「どんなコンテンツを配信するか」ということは、デジタルサイネージ運用において重要です。

デジタルサイネージで活用するコンテンツは大きく分けて4種類。それぞれ異なる特徴があります。

  • 静止画コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • Webコンテンツ
  • 音声コンテンツ

業態や設置場所によっても適したコンテンツは異なるため、目的とマッチするコンテンツを選ぶようにしましょう。

静止画コンテンツ

静止画コンテンツはひとつの画像でコンテンツを表現する方法で、手軽でコストをかけずに導入できます。更新が簡単なことも静止画コンテンツの特徴です。

動画ほど目立たないものの、明るく美しいディスプレイに表示された画像は紙のポスター以上に顧客の目を惹きます。

たとえば、複数の静止画をスライドショーにすれば静止画でもストーリー性を持たせることが可能です。落ち着いた印象となるため、高級感や静けさが求められるお店やシチュエーションに向いています。

動画コンテンツ

デジタルサイネージの効果をもっとも感じられるのが動画コンテンツです。動きがあるため通行人の目にもとまりやすく、強い訴求力を発揮します。

静止画広告だけでは伝えることが難しい情報も、動画コンテンツならよりわかりやすく表現できます。

しかし、静止画と比べると制作の難易度も高く、コストや手間がかかります。また、動画形式も複数存在するため、制作する際はデジタルサイネージの対応環境や動画形式にも注意しましょう。

動画コンテンツはライバル店の多い環境にある飲食店や小売店、人が滞留している場所向きのコンテンツです。

Webコンテンツ

ディスプレイとパソコンを接続してWebページを表示させることもできます。

Webコンテンツなら、自社のホームページやSNSページなどの既存ページを活用できるため、表示コンテンツを新しく制作する必要がありません。

タッチパネル操作ができるディスプレイの場合、双方向でコミュニケーションしながら情報発信できるコンテンツを提供することも可能です。また、カメラやセンサーを搭載して人の動きに反応するエンターテイメント性の高いコンテンツもあります。

Webコンテンツは、オフィスの待合室や美容室、病院など待ち時間のある場所に向いています。

音声コンテンツ

音声コンテンツはサブコンテンツと思われがちですが、メリットが多いコンテンツです。

デジタルサイネージはあくまで表示されたコンテンツを見る人に視覚的に訴えかけることが目的です。しかし視覚的な情報が多い場所によっては、静止画・動画コンテンツでは埋もれて気づかれない場合があります。

このようなときは補助的に音声コンテンツを利用すると、広告に気づいてもらいやすくなります。

音声コンテンツは屋外では音量の制限がある場合があるほか、BGMの著作権使用料などを考慮する必要があります。


デジタルサイネージのコンテンツ選びのポイント

デジタルサイネージの効果を最大限に引き出すためには、どのコンテンツを選ぶかが重要です。

そのためには、目的や場所、ターゲットなどをしっかりと分析し設置計画を練る必要があります。たとえば、多くの人の目にとまりたいと大型のサイネージを導入しても、設置する場所が狭ければ、通行人との距離も近くなりすぎて逆に見えづらくなります。

具体的に内容を検討したうえで適したコンテンツを選び、内容にマッチしたコンテンツを制作しましょう。


まとめ

デジタルサイネージで配信するコンテンツは大きく分けて4種類あります。どのようなコンテンツを選ぶかということはデジタルサイネージの効果を最大限に引き出すためにも非常に重要です。

目的や設置場所、ターゲット層や業態などをしっかりと考えたうえでその店舗に適したコンテンツを選択するようにしましょう。

しかし、コンテンツを自分で制作する場合は専門知識が必要になるためコストや労力が負担になることもあります。そのため、デジタルサイネージの導入に踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような方におすすめしたいのが、株式会社ランドスキップの手軽に導入できるデジタルサイネージ“LOOOK(ルーク)です。

LOOOKは専門知識もデザインスキルも一切不要。用意された豊富なコンテンツとテンプレートから好きなものを選択するだけでオリジナルサイネージコンテンツを作ることができます。

スマートフォンで直感的な操作ができるため、スマートフォンが使える方ならだれでも簡単にコンテンツ配信ができます。
LOOOKは月額4,980円(税抜)で導入可能で、無料トライアルも実施しています。
デジタルサイネージの導入にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください