ブログ記事一覧

catch-img

効果的なポスターを作るには?インパクトが強いデザインにする5つのコツ

自社の商品やサービスを多くの人に見てもらうためには、販促物の活用が効果的です。

なかでもポスターはもっとも一般的なアイテムとして、あらゆる場所で使用されているため、他社よりインパクトが強いポスターの作成が必要不可欠です。

この記事ではインパクトが強いポスターを作るためのコツや、デジタルにすることのメリットをご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.インパクトが強いポスターを作るコツを紹介
    1. 1.1.シンプルを心がける
    2. 1.2.伝えたいことを明確にする
    3. 1.3.文字の大小を意識する
    4. 1.4.ターゲットに合わせる
    5. 1.5.レイアウトのルールを作る
  2. 2.デジタルにすることで効果が大きくなる
    1. 2.1.宣伝効果が大きくなる
    2. 2.2.手間を少なくできる
    3. 2.3.コストを削減できる
  3. 3.まとめ


インパクトが強いポスターを作るコツを紹介

集客効果や購買意欲の促進効果などがあるポスターは、飲食店や小売店では欠かすことができない販促アイテムのひとつです。目立つデザインの魅力的なポスターを打ち出せば、より多くの人の目に留まります。

まず、インパクトが強いポスター作りのコツを紹介しましょう。

シンプルを心がける

ポスターを作成するときにもっとも重要なポイントは”わかりやすく”することです。雑然とした内容のポスターは目立たないだけではなく、たとえ目に留まったとしても読まれない可能性が非常に高くなります。

デザインはできるだけシンプルにまとめましょう。シンプルにすることで見やすくなり、しっかりと内容を伝達することができます。

伝えたいことを明確にする

デザインにこだわりすぎると、本当に伝えたいことがぼやけてしまいます。それではポスターの目的である販促の意味ありません。目的や伝えたいことを明確にする必要があります

また、伝えるためには気になるようなキャッチコピーやデザインにして、見た人を惹きつけるための工夫を施すことも必要です。意外性を意識して作成するのも、より目立つポスターを作りのヒントになります。

文字の大小を意識する

文字のサイズも、ポスターのデザインに動きを持たせる大切なポイントです。すべての文字を同じサイズにすると、わかりにくいばかりか印象に残らないポスターに仕上がります。

伝えたいことや見出しは思い切って大きくし、補足の説明は小さい文字にしましょう。全体にメリハリが生まれると伝えたいポイントが明確になり、見た人がわかりやすくなります

ターゲットに合わせる

ターゲットによって、好感を持たれるデザインは変わります。性別や年代、職業(学生・社会人・主婦など)など、ターゲットに合わせたデザインを選択しましょう。ターゲットの人物像をより細かく定めることで、配色やイラスト、写真などがより具体的になります。信憑性や臨場感があるとより目を惹くポスターになるでしょう。

レイアウトのルールを作る

イラストや写真、キャッチコピーや説明文などのレイアウトは、ある程度ルールを決めて配置すると見やすいポスターになります。

伝えることをしっかりとまとめ、余白や位置をそろえることを意識すると、すっきりと美しく、見やすいポスターを作ることができます。


デジタルにすることで効果が大きくなる

現在もなお、紙のポスターは販促物の主流です。しかし、紙の場合は印刷技術はもちろん、紙の厚みや表面の仕上げなどで発色が変わるため、仕上がりにこだわるなら自作するのは難しいと言えます。

一方、デジタルサイネージは解像度の高いディスプレイで表示するため、鮮明な写真を使ったクリアな表現が可能。インパクトが強い広告を打てるだけではなく、手間やコストを抑えることもできます。

宣伝効果が大きくなる

デジタルサイネージは、鮮明な映像や光、音などで見る人の印象に残りやすくなります。

広告を打つなら、まずは見てもらわなければ意味がありません。デジタルサイネージは視認性が高いため、多くの人の目にとまりやすいでしょう。広告を見てくれる人が多ければ、それだけ集客や売上アップが期待できます

手間を少なくできる

ポスターは定期的に内容を変更し、細かくイベントや商品をアピールをすることが大切です。しかし、毎回作成・印刷して貼り替えるとなると非常に面倒な業務とも言えます。

デジタルサイネージなら、印刷や貼り替え作業はありません

コストを削減できる

ポスターを作成する際はillustratorやPowerPointといったソフトの知識だけでなく、デザインスキルや編集センスも必要です。だれもができることではないため、外部委託する企業も多いでしょう。しかし、外部委託するとデザイン代や印刷代などのコストがかかります。

デジタルサイネージは、テンプレートを利用して簡単にコンテンツを内製できるものや、ホームページやSNSといったWebコンテンツを表示できるものがあります。専門知識やソフトが不要なデジタルサイネージなら、手軽にコストを削減できます。


まとめ

効果的なポスターを作るには、インパクトが重要です。

見る人にわかりやすく伝えるためには、専門的な知識やスキルが必要です。しかし、定期的に張り替えることで効果を発揮するポスターは、作成のコストがかかるため、費用対効果も充分に検討することが必要でしょう。

費用対効果を考えるなら、株式会社ランドスキップが提供しているデジタルサイネージ“LOOOK(ルーク)”がおすすめです。

操作は非常に簡単でマニュアルや専門知識は不要です。デザイン性が高いテンプレートが200種類以上用意されているため、お好みを選んで文字や画像を挿入すればコンテンツが作成できます。

「ポスターを内製したいけれどデザインができない」「デザインしてみたくてもソフトが難しくて扱えない」などとお悩みの方は、LOOOKを検討してみてはいかがでしょうか。
直感的に操作できるLOOOKなら、きっとあなたの不安を解消します。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください