ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージで空間演出! 5つのアイデアとコツを紹介

独創性のあるアイデアで、今までにない体験や驚きを与える空間演出。

イベントやライブ会場だけではなく、小売店や飲食店といった小規模な店舗でも空間演出は積極的に取り入れられており、多くの人の心を動かしています。

「空間演出をしてみたいけれど難しそう」「どうすればおしゃれに演出できるかわからない」などのお悩みは、デジタルサイネージの導入で解消できます。

この記事では、デジタルサイネージを使った空間演出のコツと5つのアイデアをご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージを使った空間演出のコツ
    1. 1.1.場所に合わせたコンテンツ選び
      1. 1.1.1.静止画コンテンツ
      2. 1.1.2.動画コンテンツ
      3. 1.1.3.Webコンテンツ
    2. 1.2.設置場所の検討
    3. 1.3.最適なサイズと輝度の検討
  2. 2.デジタルサイネージを使った空間演出の5つのアイデア
    1. 2.1.ほかの要素と組み合わせて演出
    2. 2.2.視覚的なトリックを使って演出
    3. 2.3.見る人が参加できる演出
    4. 2.4.幻想的な風景で非現実的な空間を演出
    5. 2.5.大型ディスプレイで臨場感を演出
  3. 3.まとめ


デジタルサイネージを使った空間演出のコツ

魅力的な空間演出を行うためには、まずは、空間演出のコツを理解することが必要です。

ここからは、デジタルサイネージを使って空間演出する際のコツをご紹介します。

場所に合わせたコンテンツ選び

デジタルサイネージを使って効果的に空間を演出するためには、場所に合わせたコンテンツを選択することが重要です。

空間演出に活用できるコンテンツとしては、主に以下の3つがあります。

  • 静止画コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • Webコンテンツ

以下では、それぞれを詳しく解説します。

静止画コンテンツ

静止画は制作しやすく、デジタルサイネージのなかでもスタンダードに用いられます。複数の画像を即座に切り替えることができるため、大勢の人が集まる公共施設や商業施設の案内板、広告などに適しています。

動画コンテンツ

最もインパクトを与えられるコンテンツが動画です。静止画だけでは伝わらない臨場感を演出します。屋外や開放感のある広い施設でも、動きと音声で人々の目を引きます。

Webコンテンツ

ディスプレイとPCを接続すればホームページやSNSなどを表示できるため、あらたにコンテンツを作成する必要がありません。

タッチパネル式ディスプレイならユーザーが見たいページを選ぶことができるほか、インタラクティブなコミュニケーションも可能になります。

Webコンテンツはリアルタイムな情報発信ができる点が大きなメリット。新商品発表会や展示会といった鮮度の高い情報提供に適しています。

設置場所の検討

デジタルサイネージの演出効果を高めるためには、設置場所は十分に検討しましょう。設置場所は視認性が高く演出効果を高める場所がおすすめです。

天井や広い壁面などに設置すると、より多くの人の目に留まります。また、見せたいコンテンツの内容によって設置場所を選ぶのもよいでしょう。いかに驚きを与えられるかを考慮することで、魅力的でオリジナリティあふれる演出が可能になります。

最適なサイズと輝度の検討

デジタルサイネージは、設置場所やコンテンツの内容に合わせて最適なディスプレイのサイズと輝度を検討する必要があります。

サイズ展開も豊富で、基本的なサイズは9〜70インチ程度。空間演出に活用する場合は視認性を重視してサイズを選びましょう。

商業施設や駅の中など、常に人の動きがある場所や多くの広告が掲示されているような場所では40〜60インチなどの大きいサイズがおすすめです。

また、ディスプレイの輝度も重要です。デジタルサイネージを設置する際は、周辺の明るさを考慮して高輝度のディスプレイを選ぶ必要があります。

屋内なら輝度400cd/m2(カンデラ毎平方メートル)以上、屋外や日差しが差し込む場所なら700~2,500cd/m2の輝度が適しています。


デジタルサイネージを使った空間演出の5つのアイデア

ここからは、デジタルサイネージを使った空間演出に活用できる5つのアイデアをご紹介します。

ほかの要素と組み合わせて演出

デジタルサイネージはほかの要素や技術と組み合わせることで高いエンターテインメント性を発揮します。

タッチパネル式や画像認識機能のあるインタラクティブ型のデジタルサイネージを導入すれば、利用者の動きや顔を認識し、ターゲットに合ったリアクションをとることができます。

また、音楽、スモーク、水などと組み合わせると、より芸術的で独創性のある空間演出ができます。

視覚的なトリックを使って演出

鮮明な映像表現ができるデジタルサイネージなら視覚トリックを活用した“だまし絵”もおすすめです。単なる静止画だと思って何気なく見ている人を不思議な気分にさせ、驚きを与えられます。

たとえば、壁面に人物画を掲示していると思わせて、タイミングよく人物が動く動画コンテンツを表示すれば見る人を驚かせるでしょう。デジタルサイネージの画面とはわからない状態から変化させることがポイントです。

見る人が参加できる演出

動きを検知するセンサーやタッチパネルを搭載したデジタルサイネージなら、単に空間を演出するだけでなく、見る側が空間演出に参加することも可能です。たとえば、利用者が参加可能なゲームという形にすれば「体験」としてより心に残る演出ができます。

視覚的な面白さだけではなく体を使って楽しませることで、満足度も高まり効果的な販促につながります。

幻想的な風景で非現実的な空間を演出

デジタルサイネージを使えば、現実世界では味わうことができないファンタジー映画のような幻想的な体験を提供できます。

空間全体を演出するには、壁面にディスプレイを設置して幻想的な映像を表示するのがおすすめです。

たとえば、雲の上の映像や深海の底を泳ぎ回る魚の映像を表示すれば、非現実的な“疑似体験”を提供でき、顧客にインパクトを与えられます。

大型ディスプレイで臨場感を演出

大型のディスプレイを使えば、より臨場感あふれる空間演出が可能です。

たとえば、スポーツグッズを販売する小売店などではスポーツの試合映像を表示するのもおすすめです。迫力のある競技の映像は臨場感もばっちり。見る人に強いインパクトを与えます。視界いっぱいに広がるような大型ディスプレイで表示すれば、その場にいるかのような体験を提供できます。


まとめ

魅力的な空間演出を行うためには、空間演出のコツを理解することが大切です。

デジタルサイネージなら、コンテンツや設置場所、適したディスプレイを選択することで空間演出を手軽に行えます。

より魅力的な空間演出を実現するなら、コンテンツのアイデアも重要です。設置場所の特性を生かしてさまざまな要素と組み合わせることで表現の幅も広がります。

株式会社ランドスキップが提供する『LOOOK』なら、アイデア次第で自在な空間演出が可能です。

美しい風景やデジタルアートなど豊富なインテリアコンテンツが用意されているため、ゼロからコンテンツを用意する必要はありません。

また、LOOOKはスマートフォンで操作できる簡単設計。専門知識がなくても、だれでも簡単に運用できます。

デジタルサイネージで空間演出にご興味がありましたら、ぜひLOOOKの導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください