ブログ記事一覧

catch-img

魅力的な店舗づくりに必須! 建築デザインの考え方とは

魅力的な店舗には、よい建築デザインが求められます。
建築デザインとは、建築物の見た目や機能性などを総合的にデザインすることです。

建築デザインはさまざまな場所で取り入れられていますが“よい建築デザイン”には共通点があることをご存じでしょうか。

この記事では、店舗を設計するときに必要な建築デザインの考え方を紹介します。

どうすればよい建築デザインができるのか、5つの共通点を確認してみましょう。


目次[非表示]

  1. 1.建築デザインとは
  2. 2.よい建築デザインの考え方
    1. 2.1.コンセプトがある
    2. 2.2.機能性が高い
    3. 2.3.ニーズに応えている
    4. 2.4.革新的な技術を使用している
    5. 2.5.周辺環境を考慮している
  3. 3.店舗のディスプレイデザインにも魅力を散りばめよう
    1. 3.1.照明
    2. 3.2.観葉植物
    3. 3.3.デジタルサイネージ
  4. 4.まとめ


建築デザインとは

建築デザインとは、住宅や商業施設、公共施設などの建物をデザインすることです。見た目だけでなく空間そのものや居住性、機能性などを総合的に検討する必要があるため、建築物の目的によって適した建築デザインは変わります。


よい建築デザインの考え方

世の中にはさまざまな建築物がありますが、“よい建築デザイン=見た目がかっこいい”と思われがちです。

しかし、よい建築デザインには、見た目のよさだけでなくさまざまなポイントが押さえられています。

以下では、よい建築デザインの共通する考え方を紹介します。


コンセプトがある

よい建築デザインはコンセプトが明確です。コンセプトとは、その建物や空間に対する思想そのものであり、デザインの軸といえます。コンセプトがしっかりしていないとデザインがぶれてしまうことに。

コンセプトが明確な建築デザインは設計者やオーナーのこだわりが反映されているため、実用性も高く存在感を備えています。

建築デザインを考える際は、まずコンセプトを明確にしましょう。


機能性が高い

建築物の機能性の高さもよい建築デザインに必要です。例えば、店舗はお客さまが買い物や食事をするため、もしくは従業員が働くために存在します。そのため、建築物はその役割を全うするための機能を備えておく必要があります。

機能性が高い建築デザインには、無駄を省いたシンプルな建築物が多いため、コストを抑えられるメリットもあります。

また、よい建築デザインは経年変化も考慮して工夫しています。利用者の目的や用途を考え、長期にわたって建築物の機能性を保てるデザインを心がけましょう。


ニーズに応えている

オーナーのニーズに応えることも、よい建築デザインには必要な要素です。例えば、オーナーに「コンクリートの打ちっ放し」を希望された場合、単純にコンクリートの打ちっ放しにするだけではニーズに応じられたとはいえません。


この場合は、なぜコンクリートなのかという点を掘り下げ、本当のニーズを見極める必要があります。オーナーはコンクリートの見た目で選んだ訳ではなく、防音性の高さという機能を求めていることもあるのです。

設計者はオーナーの希望から正しくニーズを汲み取り、デザインに反映させましょう。


革新的な技術を使用している

革新的な技術を活用した建築物は、デザイン・設計が困難です。そのため注目を集めやすく高い評価を得やすくなります。


地震が多い日本では耐震に関する研究・技術開発が進んでいます。公共建築物や大規模な建築物などには革新的な技術が使用されることが多いものの、実際に目にする機会はすくないでしょう。

これらの技術がスタンダードになるには多くの人の目に触れ、体験してもらうことが必要です。

新しい技術を建築デザインに反映させ、設計者の技量はもちろん、技術そのものをアピールしましょう。


周辺環境を考慮している

よい建築デザインの建築物は周辺環境とのバランスが考慮されています。住宅街やオフィス街などでは、奇をてらい過ぎた建築物は心理的にも受け入れてもらいにくいです。そのため周辺の景観・環境を保つことも必要とされます。

例えば、観光地などでは高さ制限や、建築物に使用できる色の指定があります。また、建物を利用する以上、二酸化炭素の排出や設備機器の排熱は避けられません。

景観だけでなく環境への影響も考慮しましょう。



店舗のディスプレイデザインにも魅力を散りばめよう

建築デザインの考え方は、建築物の用途を問わずに共通します。とくに店舗といった多くの人の集客が必要な場所には、よい建築デザインの考え方を反映させることが大切です。

しかし、「すでに店舗を建ててしまった」「建替え・リフォームの予算がない」などを理由に諦めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような場合は、ディスプレイによい建築デザインの共通点を取り入れましょう。

照明

店舗のコンセプトを表現するためには、照明はおろそかにできません。
照明は店舗の雰囲気を演出し、コンセプトを表現しやすいアイテム。明るさや色、点滅方法などにより、さまざまな雰囲気に替えられます。

照明にも、天井から吊り下げるタイプやフロアに設置するタイプ、卓上に設置するタイプなど種類やデザインも豊富です。

観葉植物

店舗のディスプレイには、お客さまがリラックスできるような配慮も必要です。
観葉植物を店内に設置すると店内を明るく親しみやすい空間に演出します。
密閉された空間は湿度が下がり乾燥しがちですが、観葉植物は店内の湿度を保ちやすいです。

また、観葉植物は種類が多いため、設置する観葉植物を変更するだけでも雰囲気を変えられます。


デジタルサイネージ

店舗のディスプレイには機能性も重要です。デジタルサイネージは、販促だけでなく空間演出に活用でき機能的です。

デジタルサイネージというと、店頭の看板代わりやメニューボードとしての活用が一般的ですが、店舗のディスプレイにも適しています。

薄型のサイネージモニターを壁面に設置すれば、窓のように見せたりアートポスターのように見せたりすることが可能です。



まとめ

建築デザインとは、簡潔にいうと建築物の見た目や空間をデザインすることです。
よい建築デザインはコンセプトが明確で機能性が高いだけでなく、顧客のニーズを汲み取り正しくデザインに反映させています。そして、革新的な技術の導入や周辺環境の考慮なども必要な要素。見た目だけでなく総合的にデザインされていることが、よい建築デザインのポイントです。

魅力的な店舗づくりにも、よい建築デザインが不可欠。すでに店舗がある場合は、店内のディスプレイによい建築デザインの考え方を取り入れましょう。

株式会社ランドスキップが提供する『LOOOK』は、デザインと機能性を備えた訴求ができる新発想のデジタルサイネージです。

LOOOKは、お客さまの目に留まる販促も、コンセプトを表現した店舗づくりも自由自在。100種類以上のテンプレート、200種類以上のインテリアコンテンツから好きなデザインを選ぶだけでコンテンツを自動作成。テキストや画像を入力するだけで、センスのよいコンテンツを配信できます。

また、LOOOKはスマホアプリで運用可能。指先ひとつで操作できるため、効率的な情報発信を実現します。

店舗の建築デザインにお悩みの方は、ぜひLOOOKをお試しください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください