ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージで自動車販売の集客を成功させるコツ

明るく美しい映像で、優れた販促・広告効果を発揮するデジタルサイネージ。

街の至るところで活用されているデジタルサイネージは、さまざまな顧客が訪れる自動車販売店の集客にも活用することができます。

この記事では、自動車販売店でデジタルサイネージを使った集客をするためのコツを紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.顧客属性に合わせた集客成功のコツ
  2. 2.単身者を集客するコツ
    1. 2.1.夜間目立つ場所に設置
    2. 2.2.こだわりの車内アクセサリーを紹介
  3. 3.ファミリー層を集客するコツ
    1. 3.1.お子さま連れのご家族が入りやすい雰囲気を演出
    2. 3.2.ファミリーカーをアピール
  4. 4.シニア層の集客のコツ
    1. 4.1.機能や安全性をアピールする
    2. 4.2.パーキングや店舗の入り口を分かりやすくする
  5. 5.まとめ


顧客属性に合わせた集客成功のコツ

自動車は車種によって興味を持つユーザー属性が異なるため、PRするポイントも属性ごとにアレンジする必要があります。このようにいくつもの情報をPRしたいときには画面表示が自動で切り替わるデジタルサイネージが便利です。

ポスターのように複数貼り出す必要がないため、洗練された印象を損なうことなく「見せたい情報を見せたいだけ」掲載することができます。

そのほかにも、たとえば、店外に向けてデジタルサイネージを設置し、ユーザーが通りかかる時間帯を見計らってコンテンツを変えるといった使い方も可能です。

【例】

  • 朝:シニア世代向けコンテンツ
  • 昼:ファミリー層向けコンテンツ
  • 夜:単身者向けコンテンツ

次項からは、属性別にどのようなコンテンツが適しているのか、運用方法とともに解説します。


単身者を集客するコツ

単身者の集客を図る場合は、下記のような点に注目してみましょう。

夜間目立つ場所に設置

個人差は大きいですが、単身者の場合は夜間に外出するケースも多いと考えられます。
暗い場所ではデジタルサイネージの明るい画面は非常に目立ちます。外から見たときに目立つ場所にデジタルサイネージを設置し、一押しの車種や話題の機能を搭載した最新の車種などを紹介すれば顧客の興味を引くことができるでしょう。

こだわりの車内アクセサリーを紹介

ファミリー層の場合は、家族全体の利用シーンなどを考慮して車選びをする必要がありますが、単身者の場合はある程度、自分の好みや欲しい機能にこだわって車選びをするケースが多いでしょう。車好きな人や車にこだわりのある人の購買意欲を刺激できるよう、社内アクセサリーなどの広告をデジタルサイネージで表示させることで、集客につなげる効果が期待できます。


ファミリー層を集客するコツ

ファミリー層を集客したいと考えた場合は、単身者とはまた違った工夫を行う必要があります。

お子さま連れのご家族が入りやすい雰囲気を演出

車は大きな買い物のため、買うと決断するまでには時間がかかります。お子さま連れの場合、お子さまが退屈してしまったり、泣いてぐずったりすれば車選びどころではなくなってしまいます。

そのような心配を解消するために、キッズコーナーを用意したり、コーヒーやお茶だけでなくジュースなどドリンクサービスを充実させたりなどの工夫を行い、さらにそれをデジタルサイネージでアピールすることで、ファミリー層も来店しやすくなります。

キッズコーナーにデジタルサイネージを設置し、子ども向けコンテンツを配信するといった使い方もいいでしょう。

また、デジタルサイネージであれば表示内容を切り替えるだけなので、ウェルカムボードとしても活用可能です。店内のサービスを配信すれば、「歓迎されている」「おもてなしされている」と感じられますし、プラスの印象を持ってもらうことができるでしょう。

ファミリーカーをアピール

ファミリーカーといえばファミリー層が購入しやすい価格帯の車のことを指していることもありますが、その他にも安全機能が充実した車・スライドドアのある車・たくさん荷物を積める車など、ファミリーによっても魅力と感じる部分は異なります。

どの車種ならどのようなニーズを満たせるのかが伝わるようなコンテンツがあるといいでしょう。

デジタルサイネージでは静止画コンテンツだけでなく、動画コンテンツや音声コンテンツも配信することができます。車種の魅力が伝わるコンテンツにすることでより効果的なアピールが行えるはずです。


シニア層の集客のコツ

シニア層の集客では、シニア層のニーズを満たす工夫が必要です。

機能や安全性をアピールする

内閣府の発表によると75歳以上の人口の31.0%、約600万人が運転免許を持っているということが分かっています。

高齢になると車に求める機能などにも変化が現れてきます。高齢者の車選びにおいて最も重視する必要があるのが、安全性の高さです。

運転しやすさ、乗り降りのしやすさ、小回りの利きやすさのほか、自動ブレーキ機能やハンドル操作サポート機能、セーフティ・サポートカー(ペダル踏み間違い時加速抑制装置や自動ブレーキシステムの搭載)など、高齢者が安心して乗ることができる車であることをアピールしましょう。

デジタルサイネージで自動ブレーキシステムのイメージ動画などを流せば、シニア層の顧客も、機能をより具体的にイメージすることができるでしょう。
出典:『特集 「高齢者に係る交通事故防止」


パーキングや店舗の入り口を分かりやすくする

これはシニア世代の集客に限ったことではありませんが、入り口の分かりやすさは重要なポイントです。「せっかく店舗の雰囲気をよくしてサービスを充実させているのに思うような集客効果が得られない」という場合、来店に至るまでの導線が上手く機能していないのかもしれません。

パーキングの場所や店舗の入り口が分かりにくければ、それだけで来店から一歩遠のきます。

大きく分かりやすい文字でパーキングやお店の入り口をアピールして、スムーズな来店を促しましょう。

デジタルサイネージは、鮮明な画像や光でコンテンツを表示することができるため、眩しい日中や、薄暗い時間帯でもはっきりと分かりやすく案内できます。


まとめ

デジタルサイネージは、明るく美しい映像で顧客の目を惹き付け、高い販促・広告効果を発揮します。

静止画・動画・音声でコンテンツを配信できるため、顧客により具体的にイメージを訴求することが可能です。

「デジタルサイネージを活用したいが使いこなせるか心配」という方には、株式会社ランドスキップがご提供する新しい発想のデジタルサイネージ“LOOOK(ルーク)”がオススメです

豊富なコンテンツやテンプレートの中から、作りたいデザインを選択するだけでコンテンツが自動作成されるため、誰でも簡単にコンテンツ配信を行うことが可能です。デザインや動画制作の外注コストや労力も削減できます。

面倒なセットアップやマニュアルも不要。すぐに導入可能なデジタルサイネージをお探しの担当者さまはぜひ導入をご検討ください。

今なら初期費用が0円!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください