ブログ記事一覧

catch-img

小売店の店舗オープンを成功させるなら? 施策のアイデアを紹介

飲食店や雑貨店、衣類店など、自分の店舗をオープンしたいという夢を持つ人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際に小売店をオープンするとなると、資金調達や立地調査、店舗の設計、販促など、さまざまなタスクがあり、そのめまぐるしさから、「何から始めればよいのか分からない」という状態に陥ることもあるはずです。

本記事では、店舗オープンの準備のなかで後回しになりがちな“宣伝”について、施策のアイデアを紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.宣伝の目的とは
  2. 2.小売店が店舗オープンの宣伝を成功させるための10個のアイデア
    1. 2.1.1.チラシの折込・ポスティングを行う
    2. 2.2.2.オープンイベントを企画
    3. 2.3.3.ローカル雑誌・サイトに掲載する
    4. 2.4.4.プレスリリース
    5. 2.5.5.自社のWebサイトを作成する
    6. 2.6.6.SNS
    7. 2.7.7.Googleマイビジネス
    8. 2.8.8.リスティング広告
    9. 2.9.9.次回使えるクーポンの配布
    10. 2.10.10.看板・ポスター・POPの設置
  3. 3.まとめ


宣伝の目的とは

小売店をオープンするときに行う宣伝の目的として、大きく3つが挙げられます。

  1. 集客:お客さまに来てもらう
  2. 購入促進:お客さまに買ってもらう
  3. 客単価向上:お客さまにたくさん買ってもらう

より多くのお客さまに店舗や商品のよさを知ってもらうという意味で、宣伝はとても重要な役割を担っています。

「オープンしたばかりなのに来客がない」という事態を避けるためにも、事前に十分な宣伝活動を行うことが大切です。

なお、宣伝する際は、店舗を出す地域やターゲットとなるお客さまの層に届くようなアプローチ方法を考えます。

先にターゲットとなるお客さまについて十分に検討したうえで、効果的な宣伝方法を決めましょう。



小売店が店舗オープンの宣伝を成功させるための10個のアイデア

ここでは、小売店のオープンに効果的な10個の宣伝方法をご紹介します。

宣伝の方法として、ターゲット層や店舗の場所、宣伝にかけられる予算など、店舗の状況・条件に適したものを取り入れるのがポイントです。


1.チラシの折込・ポスティングを行う

チラシの折込やポスティングは、スマホやPCを日常的に利用しない層への告知や、地域の潜在顧客の認知度を高める手段として効果的です。

チラシを手づくりすれば費用を安く抑えられますが、駅前での配布やポスティング作業に人手が必要になることも考えなければなりません。


2.オープンイベントを企画

店内や店舗の駐車場などでイベントを開催する方法は、業種を問わず、新規オープンの際に行われる一般的な宣伝方法のひとつです。

おみくじやビンゴ大会を開催したり、店舗の前で試食会を実施したりと、目に留まりやすいイベント内容を検討しましょう。

イベントを開催する際は、事前にチラシやホームページ、SNSなどで告知して話題性を高めておくことも大切です。

また、イベントに参加したお客さまに、景品やノベルティ、割引券などを配布すれば、集客率アップも期待できます。


3.ローカル雑誌・サイトに掲載する

新規店舗をオープンする際は、その地域に住む人から認知してもらうことが大切です。ローカル雑誌・サイトへ情報を掲載すれば、地域の人へ向けた効果的な宣伝ができます。

これらの媒体は、クーポンなどの特典をつけやすいほか、地域の人の生活に身近な媒体のため、読んだ人の関心を得やすいのが特徴です。

掲載する媒体を選ぶときは、ターゲットの年齢や、よく読まれている媒体などを考慮しましょう。


4.プレスリリース

プレスリリースとは、新聞や雑誌などのメディアに対して、自社の商品やサービスなどの情報を配信する手法です。

すでに認知度のあるメディアから情報を発信するため、ユーザーからの信頼度を高められます。

また、普段接点のない層へも情報を発信できるため、幅広い宣伝効果が期待できます。

無料で掲載を依頼できる利点はありますが、実際に情報が掲載されるかどうかはメディア側の判断に委ねられます。

希望する内容がそのまま掲載されるとは限らない点も理解しておきましょう。


5.自社のWebサイトを作成する

インターネットの普及に伴い、多くの人が当然のように、来店前に店舗の情報をWeb上で調べています。店舗のWebサイトを作成しておくことは、いまの時代に欠かせない宣伝方法のひとつです。

Webサイトを作成する際は、店舗のコンセプトが伝わるようなデザイン設計にしましょう。

また、店舗の基本情報だけでなく、内観やメニューの写真、イベントやクーポンなどの情報を掲載しておくのがおすすめです。


6.SNS

気軽に情報を発信できるSNSは、企業や店舗の宣伝によく使われています。

利用者間で情報をシェアしたり、コメントできる機能があるものを選んで活用すれば、拡散効果も期待できます。

ターゲットとなるお客さまの年代によって、頻繁に利用するSNSが異なるため、若年層はTwitterやInstagram、年齢が高めの層はFacebookなど、ターゲットとする層に届く媒体を選ぶのがポイントです。

新店舗オープンの宣伝だけでなく、期間限定のイベントやセール情報などを配信する場としても活用できます。


7.Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは、検索結果の画面に店舗情報を表示させることができるサービスです。

無料で登録できるため、小売店をオープンする際にはぜひ押さえておきたい施策のひとつといえます。

スマートフォンの検索結果からワンクリックで電話に切り替えできるほか、店舗の住所がGoogleマップに表示される機能が備わっているのも、このサービスの特徴です。

お客さまが享受できる利便性を向上させ来店促進を狙う店舗は、オープン前に登録しておくことをおすすめします。


8.リスティング広告

リスティング広告は、検索クエリと連動して表示されるWeb広告のことです。

狙いたいキーワードが検索されたときに広告を表示させられるという特徴があります。

広告を表示させる地域を限定したり、時間や曜日を限定したりと、条件を絞って配信できるため、営業時間内だけ広告を配信するといった柔軟な使い方も可能です。


9.次回使えるクーポンの配布

商品をお得に購入できるクーポンは、初回来店を後押ししてくれるだけでなく、リピーターにつなげる宣伝方法として効果的です。

クーポンを配布する際は、「会計から○%オフ」「期間限定!○○無料」など、お得感のあるものを配布しましょう。

来店によるメリットを伝えることで、高い来店促進効果が期待できます。

クーポンの配布は、初回来店からリピーターにつなげるために、ぜひ取り入れたい施策です。


10.看板・ポスター・POPの設置

店舗の近くを通る人に向けた宣伝方法としては、看板・ポスター・POPを設置するのも効果的です。

店舗の概要や商品の種類、価格帯などを分かりやすく掲載することで、お客さまからの認知度を高め、来店を後押ししましょう。

商品を訴求するなら、設置が簡単なPOPや視認性が高い看板・ポスターがおすすめです。

店舗の魅力がひと目で分かるように工夫して、お客さまの関心を惹きつけましょう。



まとめ

小売店は、取り扱う商品数や種類が多く、新規店舗オープンは一大イベントとなります。

オープン前は、準備することがあまりにも多すぎて、宣伝活動が後回しになっている人もいるのではないでしょうか。

より多くのお客さまの来店を促し、店舗のファンを増やすには、長期的な視点で効果的な宣伝を継続して行うことが重要です。

店舗オープン前は認知度を高める施策を、オープン後は既存顧客をリピーター化させる施策を検討しましょう。

LOOOK”は、視認性が高く、空間演出と情報発信を同時に実現できるデジタルサイネージサービスです。

操作が簡単なため、オープン前後の慌ただしい時期でもスムーズにコンテンツを更新できます。

また、オープン前後に店舗の情報を周知したいとき、既存顧客に商品をアピールするときなど、さまざまな用途で使えます。

スライドショーで商品を宣伝することもできるため、商品の種類が多い小売店にも適しているでしょう。

店舗のコンセプトや、商品の魅力を分かりやすく伝えられる宣伝をしたいという方は、LOOOKのデジタルサイネージを活用してみてはいかがでしょうか。

今なら無料トライアル実施中!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください