ブログ記事一覧

catch-img

デジタルサイネージが店舗の売り上げ向上に効果的! 成功事例を紹介

デジタルサイネージは看板の代用というイメージもありますが、それだけではなく、販促や情報発信、空間演出としても活用できるツールです。

音・光・動きでコンテンツを表示するため、視認性や訴求力が高く、公共施設や商業施設といったさまざまな場所で活用されています。

本記事では、デジタルサイネージの活用方法や、導入によって売り上げが向上した店舗の事例を紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルサイネージとは
  2. 2.目的に合わせたさまざまな使い方が可能
    1. 2.1.1.広告・宣伝
    2. 2.2.2.販売促進・ブランディング
    3. 2.3.3.空間演出
    4. 2.4.4.情報発信
  3. 3.飲食店の導入事例
    1. 3.1.武州うどんあかね&みどりダイニングさま
  4. 4.まとめ


デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどの電子機器を通じて、広告や看板といった目的で情報を配信するデジタルツールです。

多くの人が集まる商業施設や駅構内、飲食店、病院などで、動画や音声が流れているデジタルサイネージを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

現在、幅広いシーンでデジタルサイネージの活用が進んでいます。

デジタルサイネージは、動画・アニメーション・音声などのデジタルコンテンツを配信でき、従来のポスターや看板などの媒体と比べて視認性が高いことが大きな特徴です。

単なる情報発信だけに留まらず、広告や空間演出などさまざまな分野に活用できる汎用性の高さから、新たな情報配信ツールとして注目されています。



目的に合わせたさまざまな使い方が可能

デジタルサイネージにはさまざまな使い道がありますが、主な活用方法として以下が挙げられます。


1.広告・宣伝

企業のPRや商品・サービスの宣伝として活用できます。

音声や動画を使用することで歩行者の目を引きやすく、情報が自然と入ってくるというメリットがあります。

注意を払って見なくても目に入るため、人の集まりやすい駅や商業施設、滞在時間が長い待合室や飲食店などで活用するのが効果的です。

不特定多数の人にアピールしたいときに有効な方法といえるでしょう。


2.販売促進・ブランディング

おすすめの商品やメニュー、セール情報を配信するなど、販売促進にも活用できます。

インターネットを通じて配信できるネットワーク型サイネージなら、リアルタイムな情報配信ができるため、店内の混雑状況やタイムセールの時間など、状況に応じた情報提供も可能です。

また、プロモーション動画を流せば、企業のブランディングとしての役割も担ってくれます。映像や音声を用いることで、店舗のコンセプトや企業のブランドイメージを伝えやすくなる点がメリットです。

店内のディスプレイや駅構内、公共の場で配信すれば、認知度アップも期待できるでしょう。


3.空間演出

ディスプレイに風景画像やデジタルアートなどを表示することで、空間演出として活用できます。

たとえば、空間演出のために内装やインテリアを変えるとなるとそれなりにコストがかかりますが、デジタルサイネージであればすぐに導入でき、低コストで運用が可能です。

USBやHDDなどからデータを取り込めるほか、インターネットを通じて画像や映像を配信できるため、その場の雰囲気に合わせてコンテンツを更新するのもよいでしょう。

大型の液晶ディスプレイを用いて大規模な演出をしたり、複数のディスプレイを使ってアニメーションを表示したりと、多彩な空間演出ができるのもデジタルサイネージならではのメリットといえます。

店内の雰囲気づくりや、イベント・展示場の空間デザインにも効果的です。


4.情報発信

デジタルサイネージは、顧客向けだけでなく、社内での情報共有にもおすすめです。休憩室やバックヤードにディスプレイを設置することで、社内情報をスムーズに共有できます。

情報を切り替えて表示できるほか、複数のサイネージを一括更新できるという利便性の高さも、情報配信ツールとして魅力的な特徴です。

デジタルサイネージで情報を共有できれば、従業員に社内メールを送ったり、社内報を作成して一斉送信したりといった手間やコストをカットできます。



飲食店の導入事例

さまざまなシーンで活用できるデジタルサイネージは、カフェや居酒屋をはじめとした飲食店においても有効に活用できます。

高画質なデジタルディスプレイにコンテンツが表示されるため、料理や飲み物をよりおいしそうに見せたい場合にも効果的です。

調理過程や食べる瞬間を映した動画など、動くコンテンツをアピールできるのは、デジタルサイネージならではの魅力です。

通行人の目を惹くコンテンツを作成すれば、来店促進効果が期待できるでしょう。

ここでは、デジタルサイネージを導入した飲食店の事例を紹介します。


武州うどんあかね&みどりダイニングさま

入り口に設置したLOOOK


埼玉県で人気の飲食店“武州うどんあかね&みどりダイニング”さま。古民家風の落ち着いた店内が魅力で、埼玉県産・国産という地産地消の素材を使った定食メニューを豊富に提供している店舗です。

武州うどんあかね&みどりダイニングさまでは、おすすめメニューのアピールとして黒板や張り紙を活用していましたが、お客さまの反応はいまひとつだったそうです。「何か訴求力の高い宣伝方法はないか」と新たなツールを探していたところ、基本的な宣伝だけでなく、珍しさや楽しさといった付加価値を与えられるツールとして、デジタルサイネージの“LOOOK”を選んでいただきました。

LOOOKは、リアルタイムでコンテンツの更新・追加ができるデジタルサイネージです。実際にLOOOKでおすすめメニューを表示したところ、なんと売り上げが倍以上にアップ。手描きよりも簡単に更新できることから、宣伝にかかる時間も削減できたとのお声をいただいています。

さらに、空間演出による癒やしと楽しみという付加価値をお客さまに提供できるようになったことから、滞在時間が延び、客単価の向上も期待できるようになったといいます。

コンテンツの作成や更新も簡単で、宣伝にかかる時間や労力を軽減できる点は、作業に追われがちな店舗経営をするうえで大きなメリットといえるでしょう。


武州うどんあかね&みどりダイニングさまの導入事例はこちら



まとめ

デジタルサイネージは、宣伝・広告だけでなく、情報発信や空間演出にも活用でき問る汎用性の高いツールです。

伝えたい情報を画像や音声でより分かりやすく伝えられる分、訴求力も高くなります。

LOOOKは、情報発信と空間演出が行えるデジタルサイネージです。

多彩なテンプレートから画像を選び、テキストを入力するだけで、特別なスキルがなくても手軽に効果的なコンテンツが作成できます。

「店内演出を見直したい」「現場スタッフが簡単に扱えるデジタルサイネージがほしい」「訴求力の高い宣伝や情報を発信をしたい」という方は、LOOOKの導入をご検討ください。

無料トライアルもあるため、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

気になる方はお気軽にお問合せください。

今なら無料トライアル実施中!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

LOOOK の活用事例をまとめた資料を
\ 無料でダウンロード /
LOOOK を実際に
無料でご利用できます
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください